2016年09月30日

忙しい1日でした

新聞の集金

葬儀に参列。73歳。あまりにも若すぎます。心からご冥福をお祈りいたします。長い間本当にお世話になりました。

新婦人の学習会に参加。山崎真理先生の体と食べ物のお話でした。若いお母さんも熱心に聞いていました。
001.jpg
議会から本日上田悟議員が辞職願を提出したという連絡が入りました。
テレビでも放映していましたが、本人が嘘をついていたことを認めた形です。
辞任で幕引きではなく、徹底した調査が必要です。

広陵町の元気号のお披露目会に参加しました。子どもたちから公募したバスのラッピングのデザイン。優秀作品が採用されました。毎日4台の元気なバスが走れば町が元気になりそうですね。
020.jpg
posted by みっちゃん at 19:49| Comment(0) | 日記

2016年09月29日

政務活動費問題で申し入れ

昨日、奈良県の政務活動費問題で自民党の上田悟議員が、領収書の事実関係が判然としないとして、今年の8月までにH24年から27年度の政務活動費の一部を利息を含めて83万円を返還していることが明らかになりました。
これは県市民オンブズマン連絡会議が28日の会見で、今年の2月に上田氏が偽造した領収書を収支報告書に添付したことで詐欺の疑いで今年2月に奈良地検に刑事告発し7月に受理されたことが明らかにされました。

昨日は県議会の一般質問があり、いつになくテレビカメラがいっぱいでしたが、上田議員が質問に立つと一斉にカメラが向けられていました。
早速議長に、オンブズマンに言われるまでもなくきちんとしていく場合ではないかと口頭で申し入れを行いましたが、今日は県議団会議で正式に議長に文章で申し入れを行いました。



政務調査費に関する申し入れ
                         2016年9月29日
奈良県議会議長
川口正志 殿                日本共産党奈良県会議員団
                      山村幸穂 宮本次郎 太田敦
                          小林照代 今井光子

奈良県議会では政務調査費の運用に当たり、公金である以上1円から領収書をつけるなどの取り組みを行ってまいりました。

今政務調査費を巡って、議員、や議会の信頼に関わる事態が全国的に起きています。

9月28日 政務調査費を巡り 自民党の上田悟議員が 領収書の事実関係が判然としないとして、平成24年から27年度の 政務活動費の一部を利息も含めて83万円を返済していたことが明らかになりました。
県市民オンブズマン連絡会議によれば領収書が偽造されていた疑いがあるとして議長宛の質問状が出されたと報道されています。

奈良県議会におかれましては、上田議員はもちろんのこと議員自らその内容を点検し明らかにし、その結果を情報開示することを求めるものです。

posted by みっちゃん at 20:23| Comment(0) | 日記

2016年09月28日

労働基準監督署に申し入れ

奈良労働基準監督署に日本共産党県議団、日本共産党奈良市会議団で申し入れを行いました。
内容は、1か月に3人もの死亡事故が起きた奈良の産業廃棄物リサイクルセンター,itoの問題です。
山村幸穂県会議員、奈良市 井上昌弘、山本直子、北村卓也議員とともに申し入れました。
DSCF2028.jpg
わずか1か月に3名が死亡事故
廃棄物リサイクル会社で発生した労働災害についての申し入れ

奈良市南庄町の廃棄物リサイクル会社「ITO」でこの間わずか1か月の間に2人、又大淀町にある吉野工場で1人が死亡する事故が発生しました。さらに2011年4月にも奈良工場で破砕機の死亡事故が起きています。

9月5日 男性作業員 45 破砕機に巻き込まれて死亡        奈良
8月20日 アルバイト作業員56ショベルカーとトラックに挟まれて死亡   奈良
8月2日 男性派遣社員 67ベルトコンベヤーに巻き込まれて死亡   大淀
2011年4月      破砕機に巻き込まれて死亡      奈良

9月5日の事故は廃材を砕く作業をしていた男性が行方不明になり、 破砕機から男性のものとみられる体の一部などが見つかりました。 その後行方不明の男性であったと確認されました。新聞報道によれば男性は下請け会社の作業員で破砕作業は初めてであったということです。
平成23年4月にも男性従業員が南庄工場でベルトコンベヤーに巻き込まれて死亡しており、奈良労働基準監督署が労働安全衛生法違反容疑で運営会社「I・T・O」(奈良市)を奈良地検に書類送検していた。とのことですがその後労働環境改善安全対策の確認はしていたのかそれがきちんと行っていれば今回のような事故はなかったかと思います。

わずか1か月に3人もの死亡事故が起きることは明らかに異常であり警察は工場に捜査員を派遣し事故と事件の両面から 調べる方針とのことです。

二度と事故を起こさないために職場の安全対策を監督所が責任を持って行うよう強く要望するものです。

監督署では現在調査を行っておりきちんと対応したいと回答しました。
posted by みっちゃん at 20:42| Comment(0) | 日記

2016年09月27日

小林照代議員が一般質問 

今日は小林照代議員が一般質問を行いました。介護保険の総合事業で地域間格差が大きく、南部東部地域に住んでいる方々の支援を行う必要を訴えました。県は5つのモデル地区を選んで地域包括ケアを進めていますがまだどこも成果には至っていません。

また高齢者の住まいの問題で、サービス付き高齢者住宅などは月の負担が15万円くらいかかり、年金だけの高齢者には無理な負担であること。もっと便利なところに替わりたいが家賃が高くて替われない。と切実な声を伝えました。県は高齢者居住安心プランを平成26年に作成。民間も含めた奈良県居住支援協議会を作ったことを紹介していました。

又、国民健康保険の問題では、国保が高すぎて払えない中で、国が1700億円の国保財政支援を行ったが奈良県にいくらその分が下りているのか、実際の保険料負担の軽減にどれくらい使われたのかを質問。県は28億6千万が国から降りてきた。国保の赤字会計が4町村に減った、赤字額も4億円減少したと答弁
小林議員は、実際に国保料金の負担軽減につかわれた自治体は1つだけ。保険料の負担軽減に使えるように指導すべきと主張しました。県内の国保滞納は2700世帯差押えは1700世帯6.2%金額は4200万。

学童保育の現状と今後の見通しについて質問。35市町村で284か所13468人が入所。待機児は6市で76人。
46人以上の施設が114か所71人以上が34か所。2019年までに8か所の施設362人分を増やすことや指導員の研修を進めると答弁しました。

posted by みっちゃん at 21:30| Comment(0) | 日記

2016年09月26日

太田議員が代表質問 県民の声をまっすぐに

今日は太田敦議員の代表質問でした。
IMG_0197.jpg
リニア問題では、建設推進が当たり前という県議会や知事の意向の中で、今の問題点。5000人もの人々が国を相手に裁判を行っていることなどを紹介して、新幹線の補強や、在来線の安全対策、無人化ではなく安心して利用できるようにと質問。質問の中で、雨も降っていないのに、近鉄は動いているのにJRだけが大幅に遅れて利用者から声が寄せられていることを紹介。
知事は新幹線の駅も空港もないのは全国で3県だけ、奈良県はその一つ。建設の促進を進めるために環境アセスを行うように要望していると答弁しました。

水害対策では先日高田で、行った学習会で寄せられた浸水常襲地域の総代さんや住民の声を届け、いつになったら河川改修ができるのかと迫りました。県土マネジメント部長は予算が少なく、180メートルほどの区間。いつになるかわからにとあいまいな答弁。
太田議員は、地元の皆さんの声や意見にたくさんの水害対策の意見がある、県は対策を進めるのにもっと参考にするべきだと地元の要望をまっすぐに届けました

特別支援学校や、通級教室、学校のクーラー設置が奈良県は6,1%で全国で桁外れに遅れた設置状況であることを紹介。99.%の設置率の東京では都が支援して小中学校にクーラーを取り付けたとのことです。

創生奈良の山本のぶあき議員は、国民文化祭のエンブレムで高すぎるという住民監査請求が却下されたのはなぜかと代表監査委員に答弁を求めました。実施主体は国であり実行委員会が行ったことで監査対象にならないと却下したということですが納得できない回答です。

民進党の田尻議員が関西広域連合の全面参加を質問。知事は効果のある分野は参加しているが必要ないものは参加しないと答弁。働き方改革では改善を労使で進めているとのことです。この協議会の内容が労働者にとって本当に働きやすいものにつながるように、国の「改革」のようなごまかしにならないように見ていく必要があります。

久しぶりに北葛城郡議員団会議を行いました、町議会は皆終了しています。決算委員会に取り上げたほうがいい問題の意見を聞かせてていただきました。
posted by みっちゃん at 22:25| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp みっちゃんの宅急便
2013年11月号
憲法輝く希望の都市にいのちと暮らし守る県政へがんばります