2020年06月03日

新婦人の会でハイキング ベトナムのコロナ対策

新婦人で久しぶりに馬見丘陵公園にハイキングに行きました。
この間、ホームステイ生活が長かったために、皆さんの元気な顔を見ることができて安心しました。
馬見公園は、行くたびに様々な花が咲いて楽しめます。今は花菖蒲がきれいです。
人手も増えて、お弁当を食べようと思っていた場所はもう先着がいました。
芝生のところに座ってちょっと豪華なお弁当をいただきました。
近所の日本料理のお店が、テイクアウトだけになってお弁当を提供しています。

おひとり暮らしの方は、だれともおしゃべりができず、鬱になりかかっていましたが、みんなと会っておしゃべりすることですっとしたといっていました。入院中の家族の面会ができない。ずっと美容院に行っていない。近況を話し合って楽しいひと時を過ごしました。

私はベトナムが死者が一人も出ていないことが、赤旗に3回にわたって掲載されていた記事をコピーして配布しました。
新型コロナウイルスの発生段階で早期に認識して断固として強力な体制をとったこと。人間を中心におき国民の指示と共同行動を得られたこと。
いのち第1にに国民の共感と信頼が寄せられました。ベトナム共産党と政府は一人一人と社会全体の健康を貴重な資本だと考えてきました。危険な感染症と判断したら短期的な経済的利益を犠牲にしても人々の命と健康を守るために感染拡大防止を優先する。これらは民心と合致して支持されました。
国民んお健康と声明を第1に置いた人間的理念は大きな共感を生みました。人への思いやり、国を愛する心など国民の基本的価値観が発揮されました。

ベトナムのコロナ対策では様々なメッセージが出されています。「敵に抗するように疫病に立ち向かおう。」
敵とは外国からの侵略者のことで、保健、外務、軍、公安だけでなく、国民誰にでも仕事があります。作曲家奈良歌を作るスポーツ選手なら市民を励ます、感染防止のために国民同士が声をかけるのも役割の実行です。
また情報発信と透明性が確保されていてスマホに次々と感染状況が伝わって情報の共有が行われています。

トップの専門家を含めた国家指導委員会を1月27日に発足させ早期発見隔離徹底を重視。市内の学生寮などを隔離部屋にしました。施設隔離を完了した人は28万2312人に上ります。
ベトナムでは古くから予防医学が重視され全国1万1000か所に保健所が設置されています病気を予防できれば治療するより節約できます。治療は個々の人を対象にしますが予防はコミュニティを対象にします。
住民の健康申告、検査や隔離で地域の保健医療システムがよく運用されました。
予防医学の学生は検体採取や分析、健康申告の増援部隊になりました。
感染拡大を抑え込めたのは各団体、民衆、社会の共同の成果でしたが最も重要なのはリーダーシップです。
今ベトナムは段階を1つ前に進め経済回復、生活保障と感染防止を一体的に追及する課題に取り組んでいます。

オリンピックを優先して対応が後手後手に回った政府。感染情報も隠し続け、安倍のマスクなどいまだに届いていない対策に莫大なお金をかける。持続化給付金の幽霊会社への丸投げ。第2波に向けて、ベトナムから学ぶことがたくさんあります。
posted by みっちゃん at 22:07| Comment(0) | 日記

2020年06月02日

フードバンクに行ってきました

奈良フードバンクに行ってきました。生協の返品や自治体から寄せられた給食の食材など集まった食品を、お菓子、調味料、など分野ごとに仕分けをして、賞味期限を確認。
それを希望する団体ごとの要望に合わせて仕分けをします。かごいっぱいになったものを秤に載せてどれくらいの重さなのかもチェック。私もお手伝いさせてもらいましたが、なかなか大変です。2年前から始まった活動、皆さんボランティア。余った食品を有効活用してもらえることも、子ども食堂などのところにそうした食品が届くことも喜ばれますが、どう集めて分けて届けるのか、それらは全く支援がありません。受け取りに来られるところはいいのですが、来られないところには郵送。そうしたお金も必要です。終わってから交流会で意見交換。今給食の食材特に冷凍食品が大量に余ることになりますが、ここには冷凍食品を受ける冷凍庫もなければ冷凍車もありません。ちょうどなら市社協さんが受け取りに来ていただき懇談。社協では緊急貸し付けに来た人にお米とレトルトカレーを渡していたようです。コロナ禍でも自主的に子ども食堂をしていたところが3団体あり、そこから困っているお母さんの声が社協に届いたといっていました。好奇心から出かけていきましたがとてもいい勉強になりました。
フードバンク1.jpg
フードバンク2.jpg
posted by みっちゃん at 22:10| Comment(0) | 日記

2020年06月01日

今日から学校が再開です

今日から学校がスタートです。学校どうだったと集金に言って声をかけるとティッシュひと箱もっていかなくてはいけないといわれて荷物が増えた。人数が少なくて何度も当たるのが嫌だった。中1がかわいそう。慣れていないのに給食も離れて食べないといけない。上級生はみんな体験してきた合宿もないとの声も。
先生も大変だったと思います。いろいろ意見を聞いていくことが必要です。
解除が早すぎたのではという声も聴きました。

今日から我が家のリフォームが始まりました。築35年。娘が中学に入るときに中古住宅を購入。その時は壁紙を変えて、床をフローリングしましたが、キッチンなどは最初のまま。しかも我が家で3代目。流しの水道が漏れてきて、昨年水道の蛇口を変えましたがその時に何とかごまかしてきていましたが、いよいよ流しの下が腐って抜けてしまいました。
この際キッチンを新しくしようということで、家に金をかけるなと言い張っていた夫もこれにはもうあきらめたようでやっと合意。奈良の木にこだわってきたので、床を張るなら奈良の木でと、わがままを言い、念願の奈良の木を使うことになりました。
朝から解体工事。水道屋さんやガス屋さん、電気屋さんと大工さん、住宅りフフォームはたくさんの業者の方の仕事を作ることになると再確認。
運ばれた材木の木のいい匂いが家中に漂います。
木を使って建てた学校はインフルエンザに感染する子供がが少ないという報告もあり、コロナに勝てそうな気がしています。
私の部屋も荷物置き場に、大変なことになっています。

今日は議会改革特別委員会があって参加しました。ICT化でタブレット導入は危機管理やオンライン化問題もありこの間論議を重ねてきましたが導入の方向が確認されました。
費用負担の問題など引き続いて議論することになりました。
政務調査費の後払い問題では、全国の状況を聞くと、後払いしたところでも不正が行われているところもあり
議員のモラルの問題のようです。共産党は後払い方式をとっていますが、事務方の負担が多いとの全国の意見もあり、奈良県はインターネットで報告をするなどこの間改善が図られてきました。こうした状況を踏まえて当面今のままで行い様子を見ていってはどうかと意見を述べました。その方向で合意されました。
ほかに意見はと聞かれたので、毎年行う議長選挙は立候補制で、公約を述べ開かれた形で選出できるようにしてはどうかと意見を述べておきました。

終了後、山村議員と高畑の裁判所後にできた瑜伽山園地(ゆうがやまえんち)を視察。5月24日オープンですが3億円の茶室、高級ホテル、山道で岩が多く土のままになっているので雨が降ったら滑るのではないかと心配になりました。ホテルの宿泊者は食事は食堂に行くと聞いていますが、道の真ん中に大きな岩があって暗いときは注意が必要です。

posted by みっちゃん at 20:46| Comment(0) | 日記

2020年05月30日

奈良県独自の発熱外来認定制度を設けます

昨日、第10回奈良県新型コロナウイルス感染症対策本部会議を受け、議会の新型コロナウイルス対策協議会が知事出席のもと開かれました。
奈良県は、メディアの発信力は弱いのですが、感染症対策としてはかなり先駆的な取り組みが行われています。
まずは感染者の早期発見と隔離の徹底。そのためのPCR検査の対象を拡大し、検査能力を充実します。

最初のころは厳しい基準で、必要な人も検査が受けられない状況がありましたが。議会でも繰り返し取り上げてくる中で、主治医が必要と判断すればFAX1枚で検査が受けられるという画期的方向に改善され、奈良県の体制がよくなったという声が届いていました。

今回はさらに、対象者を広げ、今回は新型コロナウイルス感染症が疑われると判断した場合、速やかに検査対象にします。
●コロナ感染接触者●、感染リスクのある場所に滞在●、勤務先や学校など発熱などの有症状者が存在●医療従事者、福祉施設従事者
そのために、身近なところで検査が受けられるよう6月中旬をめどに発熱外来認定制度を創設します。
認定要件は
1、発熱患者の診察と感染リスクのある方への検査の実施
2適切な感染対策 ● 疑いとその他の患者が接触しない動線の確保
         ● 検体採取時に求められる個人防護具(PPE)の準備、県が供給
         ● 個人防護具の着衣脱衣場所の設定
3必要な検査体制の確保 ●検査の準備検体の採取から提出までの検査手順の確立
            ● 検査に必要な物資 (抗原検査キット、検体スピッツ、スワブ等)の準備
4、検査件数及び結果の報告
5、医療機関のホームページ等での公表

診療形態は 屋内、屋外プレハブテントのほか、在宅医療 訪問診療 往診など



posted by みっちゃん at 20:37| Comment(0) | 日記

2020年05月28日

王寺町河合町長に宮本次郎さんとあいさつ懇談

宮本次郎奈良県共産党コロナ対策委員長と,北葛城郡の首長さんを訪問し懇談しました。
この間県内の自治体が行ってきた独自対策をまとめた冊子を、渡して王寺町の平井町長、河合町の清原町長と、懇談しました。王寺では幡野議員小山郁子議員、河合町では馬場千恵子議員坂本博道議員が一緒に参加しました。
このようなまとめのものが欲しかったと歓迎されました。
王寺は水害問題があるため、コロナと避難が重なった時に向けて、避難所を増やすなど進めていかないといけないといわれていました。子どもの学習についてはギガスクールを今こそ広げていくことが必要。
今後、2次補正が大きな規模で来るため、何をすることが求められているのかを検討したい。給付金は今日くらいから入っていくのではないかとのこと。子どもへの図書券や業者への休業補償の町独自の上乗せなど実施。
平井町長.jpg
清原町長.jpg
河合町の町長は教育について少人数学級が日本は世界に比べても遅れている。北葛城郡4町で情報交換をしながら進めているとのことです。
河合町は役場に車が多く、皆さん手続きの相談の窓口に来ているようです。
7100世帯に給付金の通知を送付、6000を超える申請が上がってきているとのこと。

宮本さんは今後学校が始まるが、遅れを取り戻すために、学習指導要領に沿って行けば詰込みになってしまう。子どもたちに何が必要かをよく考えて、学校行事も子どもの発達にとっては欠かせないもの。そういう観点で学校再開が求められているのではないかと思いますと意見を述べました。

不動産屋に、行って今の状況を伺いました。家探しならいくらでもお手伝いさせてもらうが今は家賃は払えないという話が来ると、家主さんの事情もありそれぞれで対応させてもらっています。家主さんがローンを抱えていると、きちんと入ってこないと家主も大変で、間で話をさせてもらうが大変です。どこも同じです。

相談4件
午後から王寺町の議員と地域訪問。
学童保育所 指導員さんが普通なら午後から見ていたのが今は朝からのため大変になっている。とにかく感染させないように、子供がけが雄しないように毎日頑張るだけ。
、給食センター、15日から再開。パン、牛乳。服飾は業者に委託して届けてもらいランチパックに詰めて配膳を是ずに子供たちに先生が渡すようにしていく。9月からは普通の給食を考えているとのことでした。
民生委員さんなど回ってご意見を伺い赤旗新聞が1部増えました。


posted by みっちゃん at 21:30| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp