2019年04月17日

北葛城郡は一つ

後半戦も2日目です。上牧が無投票になりましたが北葛城郡は河合町が1名オーバー、王寺町が2名オーバーの激戦。北葛城郡は一つで力を合わせて頑張っています。
 王寺駅で早朝宣伝。小山地域で桃タローきれいなお花を見ながらちょっとしたハイキング。昼は候補者カーで代理弁士。差し入れドリンクをいただきました。
 王寺駅に山下よしき副委員長が来てくれて街頭演説会。司会をさせていただきました。小山郁子、幡野美智子両候補も熱の入た訴え。山下さんの訴えは迫力満点。鎌野祥二さんも駆けつけてくれました。王寺駅で通行人の足が止まります。タクシーの運転手さんも窓全開で聞き入っていました。沿道から「がんばれー」の大きな掛け声が。
河合診療所で決起集会。新しい診療所のホールでの初めての集会となりました。河合町で16年ぶりの共産党の2議席を。
夜は上牧町後援会決起集会。今頑張らずにいつ頑張るという感じです。
posted by みっちゃん at 21:44| Comment(0) | 日記

2019年04月15日

4月15日は年金支給日 王寺駅前で座り込みを激励

今日は4月15日。今年2度目の年金支給日でした。王寺駅では年金者組合の皆さんが年金一揆の座り込みをされていて激励に行ってきました。年金削減は憲法違反と全国で5168人が裁判を起こしています。奈良県からは27人が参加です。

ここが問題
20歳から国民年金の加入が義務付け。10年以上で65歳から保険料を受け取れます。
年金額が満額でも6万5千円と低い。
長年支払って支給時に減額ではたまりません
2012年に2.5%の年金削減の法律が強行されました。それがきっかけで全国で裁判がたたかわれています。
年金生活者は公的年金が命綱です。物価が下がっても年金は下げないと法律で確定しました。にもかかわらず10数年もたってから支払いすぎたからと2,5%も引き下げは財産権の侵害です。
公的年金は老後を人間らしく生きられるように保証するものです。
月8万円の最低保障年金を。

きょう訪問した85歳の女性は国民年金だけです。「付加給付の積み立てをしたら年金が多くもらえると積み立ててきましたが年間で9千円増えただけ。そのために非課税限度額を少しだけ上回り様々な減額が認められず、国のやることは信じられない、この間選挙にはいっていません。」と。黙っていたら悪政を認めること、投票はタダでできます。と話してきました。せめて生活保護くらいもらえたら少しは楽になるのにと。奈良県は国民健康保険の受給率が全国1。同じ思いの方がたくさんおられると思います。生存権を守るたたかいを今こそ広げましょう。
posted by みっちゃん at 21:01| Comment(0) | 日記

2019年04月13日

小山郁子さんの事務所で集い 地球自然学講座受講

小山さんの地元の皆さんが集まって集いを開きました。私も選挙のお礼をとこれからの決意を話しました。
集いでは王寺町の議会で70歳以上の医療費が2割になることの中止を求める意見書の請願が上がり共産党伊賀はみな反対だったことが話題に。懇談では、王寺の狭い道路のところは救急車も入れない、救急車に乗っても80歳以上だったらどこも受けてくれないのでいつまでも車が動かない。バスのステップが高くて乗りにくい。新しいスクエアができたが料金が高くて使えない。 地域には願いがいっぱいです。小山さんにはぜひ願い届けてほしいと温かい懇談会でした。

今日から第1回が始まった地球環境「自然学」講座受講のため大阪に行ってきました。
テーマは確かな未来の原点 です 。講師は京都大学名誉教授で舞根も千里海研究所所長の 田中克先生です。1年間の講師の先生を紹介していただきましたが、素晴らしい顔ぶれでワクワクします。
posted by みっちゃん at 21:34| Comment(0) | 日記

2019年04月12日

一斉地方選挙かけがえのない議席を何としても

今朝は王寺駅で幡野美智子議員、小山郁子議員と早朝宣伝を行いました。
後半の選挙がいよいよ来週から始まります。
昨夜の下市町の矢野和夫議員今度9期目の演説会に参加、最後の懇談会では過疎地ならではのお話を聞かせていただきました。災害復旧の地元費の増加や、学校統廃合による校舎の建て替えなどで経費が掛かり、老朽化している火葬場の建設が延期されたことに意見が沸騰。セレモニーホールを大淀町を使ったときなど大淀の火葬場に行く人もあるそうですが町外のため割高に。私はよくわからないのでそこに下市町が委託はできないのかと聞きましたら。「自分の町があるのにそんな情けないことはない。」「最後の花道。来た人に座ってもらう場所もない。早いこときれいにしてほしい。」「きれいに焼いてほしい。」「今で人口5000人毎年20人づつ亡くなっていく。30年先はどうなるか心配。」と切実です。「大淀病院の産婦人科がなくなってから出産が減ってきた。」こんなに自由に意見がポンポン飛び出す懇談会はめったにありません。私は「地元の人が毎日使う食料や、学校給食の地産地消、エネルギーが地元で手に入れば仕事も生まれてここで生きていけます。」と。空白克服で下市町に移住して地元で頑張ってきた矢野さんが皆さんに愛されていることを実感。私もいい勉強になりました。2名オーバーの激戦です。矢野和夫さんの議席は過疎地に生きる人々の希望の議席です。
posted by みっちゃん at 20:12| Comment(0) | 日記

2019年04月11日

下市の演説会 過疎の課題ずしり

池部駅で坂本博道さんと早朝宣伝
夜は下市町で演説会。
火葬上問題で懇談会は盛り上がり。
いっぱい書きたいことがありますが、とにかく眠いのでまた報告します。
posted by みっちゃん at 22:53| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp