2012年05月31日

関西広域連合と原発再稼動

奈良県議会広域行政調査特別委員会で関西広域連合事務局と、議会議員の方との懇談の場を持ちました。
中の島の国際会館の11階が事務局のあるところです。
今日各新聞の1面が「関西広域連合が原発再稼動を容認」との見出しがあり、私はそのことを質問しました。事務局の方が苦労してまとめられた声明文章ですが、原発はやめろといいたいのか、再稼動せよといいたいのか読み方によってどのようにも受け取れる内容であり、新聞各社がみだしに挙げた「容認」と言う受けとめと、広域連合としての考えと違いはあるのかをたずねたところ、事務局長さんは「原発の再稼動は基本的には国の権限だが、地方としての意見を述べておく必要があるという認識で様々な意見がある中でまとめたもの、新聞の受け止め方は本意ではない」との発言でした。
その後、連合議会議員さんとの懇談でも「広域連合の役割りが大きくなっている。原発は事故があっても、国が責任を取っていない現実が同じ国の中におきていて、老朽化した原発の再稼動を認めたことになると、もし事故があったときに誰が責任を取るのか、国民は住むところまで奪われる。どのように考えているのか。」と質問しましたら、「あくまでも暫定で全面稼動を認めたわけではない」との答えでした。

連合議会の議員の方々は、奈良県の歴史や文化のことを高く評価されて、ぜひ一緒に入ってほしいとの強い意見が出されました。

関西広域連合は大きな役割があるところだけに、その発言や意見は住民の皆さんに喜ばれ納得でき、これからの日本をリードするものであるべきだと思います。近畿の経済の落ち込みが言われていましたが、「関西は原発からの脱却を目指し自然エネルギーに転換する」という声明であればどれほどの人たちに喜ばれ、エネルギーの地産地消で地域経済活性化にもなるはずです。原発に依存しなくても、エネルギーはほかに代替できないことはないのですから。
posted by みっちゃん at 22:00| Comment(0) | 原発

2012年05月30日

和歌山県議団が奈良県に

台風12号で大量の土砂が流れ出し熊野川から和歌山にも大きな被害が出ました。国に土砂の撤去のことで要望をしたいと、和歌山県議会議員の高田由一議員、松坂英樹議員が奈良県議会を尋ねてこられました。
山村議員と今井が一緒に懇談させていただきました。国の管理区域は限られておりますがこれだけ大量の土砂の撤去は国の積極的関与が必要です。今回の台風で流れ出した土砂は1億立方メートル。奈良県で今年度予定されている撤去の土砂は24万立方メートルです。奈良県では十津川など10メートルも堆積している土砂もあり雨が降るたびに住民は恐怖を感じています。またつりやキャンプなど川で仕事をしている人たちにとっても深刻な問題です。蛇行部分に土砂を埋めるという意見も出ていますが水の速度が速くなることで新たな問題も心配されます。
「奈良県に熊野川河川計画はありますか」と聞かれて調べましたが奈良県にはありません。三重県もないとのこと一番下流の和歌山県だけが計画を持っていることがわかりました。又熊野大社に大量の土砂が入っており、すぐ隣が三重県。三重県の海岸線堆積土砂を補強することを認めてもらったようです。いずれにしても紀伊半島を襲った大災害3県が同じ立場で要望することが大切だと確認しました。
CIMG5212.jpg
posted by みっちゃん at 21:36| Comment(0) | 県議会

2012年05月29日

奈良町ぶらり

奈良県労働組合連合会の事務所に行った帰り、奈良町を歩いて県庁に戻ってきました。タイムスリップしたような町並み、テレビでも紹介されていた砂糖傳、米飴の増尾商店さんをみつけぶらりと立ち寄ってみました。ご主人が由来を聞かせてくれながら、割り箸の先に飴をつけてくれて試食。懐かしい味でした。そこにいたお客さんは、こんな味初めてやわ、もう一人の人は、昔こんな飴炊いてもらったことあるわとにぎやかに。筋向いのお米屋さんで大豆を量り売りしていただきました。入れ物が茶色の懐かしい紙袋。格子戸を使ってリフォームしたような町家が並びます。なんとなく誰かと話したくなるような雰囲気が漂っていました。

湯飲み茶碗がひびが入っていたのを思い出して、購入。ついでにこれから日差しがきつくなるのでつば広帽子を買ってなんとなくうきうきと。買い物も、これを買わなくてはと探すのとぶらりと歩いて気に入ったものを見つけて買うのと幸せ感が違うような気がします。

美術館では 光と影のファンタジー 藤代清治展覧会が開かれていました。たくさんの人が来ていましたがファンタジックな世界に引き込まれあまりの美しさに何度も足が止まりました。絶対お勧めです。

夕方民主医療機関連絡会が主催したドクター小池が語る私たちのもうひとつの未来の後援会に参加。共産党の政策委員長で話もわかりやすく誰でも納得できる語り口調はさすがです。消費税が増税されたら医療機関は患者さんに転嫁できないためつぶれてしまうところが続出です。命のとりでをつぶすわけには行きません。負けられない戦いです。
CIMG5211.jpg
posted by みっちゃん at 22:52| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp みっちゃんの宅急便
2013年11月号
憲法輝く希望の都市にいのちと暮らし守る県政へがんばります