2012年07月31日

石垣スエノさんをしのぶ会

7月22日に行われた、石垣スエノさんをしのぶ会の実行委員会から資料と写真を送っていただきました。
私も実行委員でしたが、体調の関係で欠席させていただきました。

石垣スエノさんは、奈良県で始めての日本共産党の女性の議員で今の香芝市、当時の下田村の議員でした。当時高田紡績の医務室に配属され、17歳で日赤の看護婦養成所に入学し、和歌山日赤で看護婦と助産師の資格を取りました。当時呼吸困難になった施療患者には酸素吸入はしないことになっていましたが、石垣さんは院長に直訴して酸素を許可されたことがあり、社会主義者やとうわさされ、特高係に付きまとわれ、日赤を首になります。
昭和7年、大阪、奈良で行われる陸軍大演習に天皇が来るということで阿倍野署に連行され、本名を言え、誰と連絡しているのかと拷問を受けます。石垣さんは口を開かずがんばりとおして、傷が治るまで阿倍野署に留置され釈放されます。下田に帰ってから助産師を開業。今でも石垣のおばちゃんに取り上げてもらったという方々がたくさんおられます。敗戦後日本共産党に入党され、1951年の一斉地方選挙で村会議員に当選、2期勤められました。

ご主人の石垣憲弥さんは、私が土庫病院に就職した当時の事務長さんで大変お世話になりました。石垣のおばちゃんは私が選挙に出るたびに、あっこいったか、ここいったかいつも気にかけて応援してくれました。
日本共産党の90年の歴史は、苦難を乗り越え、差別も貧乏も戦争もない世の中を目指してきた進歩と発展のために戦ってきた人々の歴史です。実行委員会の皆様にお礼の気持ちでいっぱいです。
posted by みっちゃん at 20:52| Comment(0) | 石垣スエノさん

2012年07月30日

励まされて

この暑さで、ばて気味です。今日やっと紙とも子さんの事務所に吉野林業を考える会の第3次案を送らせていただきました。吉野林業への並々ならぬ執念に敬意を表しますとのメールを受け取りました。

「グリーン経済最前線」岩波新書を読み終えました。たった1つしかない地球を1.3個分付加を与えて生活しています。日本の暮らしを全世界に広げたら地球が2,3個分。アメリカの暮らしなら4,5個分必要だそうです。このままいけば2030年には地球が2個必要になります。
これを読んだら、戦争などしている場合じゃないことがよくわかります。原発なんてとんでもない。
低炭素で、資源エネルギーの高いグリーン経済に軸足を移していかないと、世界のGDPの2%を投資すれば切り替えが可能です。

孫たちが来てくれて、遊園地のメリーゴーランドと。シャボン玉の絵を描いてくれました。

CIMG5383.jpg
CIMG5384.jpg
posted by みっちゃん at 21:04| Comment(0) | 吉野林業を考える会

2012年07月28日

オリンピック開会

ロンドンオリンピックの開会式を見ました。
IOC会長はすべての国に女子の選手の参加があったのは今回が初めてとのこと。感激しました。そのとき各国からの女子選手の顔がクローズアップで映し出されていましたが、みなさん興奮と喜びにあふれていました。

この間世界の男女共同参画が進んできたひとつの反映だと思いました。

204カ国の入場のときに大きな花びらのようなものを大切に抱えて各国の国旗とともに先頭を歩いていたものの正体が最後のところで各国の名前が刻まれた大きなひとつの聖火となった演出には感心しました。

大選手団の国から2〜3人の選手団のところなどまちまちですが、せいいっぱいがんばってほしいとエールを送りました。

また若い世代にバトンをつなぐというコンセプトで、ベッツカムがボートで運んできた聖火が10代の選手7人が最後交代で聖火ランナーになって7人の金メダリストからその火を受け継ぎ聖火台に点火するところは会場がひとつになって、ポールマッカートニーの「ヘイジュード」の演奏と大いに盛り上がりました。

北京オリンピックの華やかさと又違った開会式でした。
posted by みっちゃん at 22:51| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp みっちゃんの宅急便
2013年11月号
憲法輝く希望の都市にいのちと暮らし守る県政へがんばります