2014年10月31日

今日は10月最後の日でした。

なら赤旗祭りに協力していただく地元のお店が、今日からバーゲンです。朝10時から始まるので早く行かないといいものがなくなってしまうという電話があり、行って来ました。まだ10時にはなっていませんでしたがたくさんの人がきていました。婦人服のため知らない人でも、「これどう?」「よく似合いますよ。」「変わったデザインだけど着たらいいかも。」などなどわたしもセーターなどを買って、お店の人に挨拶して帰って来ました。
新聞の拡大 日曜版1部。

午後から馬場千恵子議員と地域周り。歩くと知り合いの人にばったりあい、話が弾みます。皆さん安倍内閣に怒り心頭です。留守もありましたが21件訪問。赤旗新聞も1部増えました。

生活相談 1件 

大和川工事事務所から連絡がありました。巨木の伐採時期は11月から工事になるので早い時期に切るとのこと。切った木については一括発注で処分もまた頼んでいるため、住民が貰い受けることはできない。
広場のお地蔵さんの祭ってある木については、台風で枝が折れ、地元から伸びた枝の伐採を求められているがご神木であるため業者は嫌がって切ってくれない。とのことです。
また堤防から下る道路については、河合町の管轄になっているとのことで、今回の工事で国土交通省は行わないということでした。
王寺町久度神社の裏の木はこれから調査が入るため、どのような工事になるかは説明に行かせていただきますとのことでした。

赤旗新聞の集金
コーラスの練習

11月3日11時50分から広陵町かぐや姫ホールにて、文化祭の発表会ではなみずきがうたいます。
夢をあきらめないで 糸 底じからタンゴの3曲です。是非聞きに来てください。

明日から孫たちが旅行に行く予定です。今日はハローウィンです。
お菓子をあわせて5袋詰め合わせを作りました。こんなことをしていると楽しいですね。









posted by みっちゃん at 23:04| Comment(0) | 日記

2014年10月30日

経済労働委員会視察

29日30日と、奈良県議会経済労働委員会で東京に視察に行って来ました。昨日は新幹線品川駅のすぐそばにあるマイクロソフト社のオフィスを見学しました。ちょうどテレワーク推進期間でした。インターネットにアクセスできればどこでも仕事ができることの説明を聞いて会社を見学。個人のスペースはロッカー1箱。机は特定されず会議室はたくさんあり仕事によって一緒に相談したい場合はそこで相談しながら仕事をします。又会議もインターネットで会議の場を設定することで空間の共有がなくても時間が共有すればせかいじゅう誰でも会議に参加できます。会議資料は紙ではリアル情報ではないため必要な情報をネット上で共有します。社員は年俸制、残業代はなし。介護や子育て中の人には在宅ワークができるので喜ばれているそうです。ただし働きすぎると過労死や病気になるため日々の労働時間は各自の申請で管理されます。世界195か国中マイクロソフト社が入っていないのは4カ国だけ。トップの人はフランス人ですが3分の1の時間は飛行機の移動で、その間に世界のマイクロソフトの実績をつかんだりしているそうです。すべてを正確につかむにはパターンを決めてそこに必要な情報を入れてつかむことだそうです。徹底したセキュリティ管理。遠隔地と同時につながる仕組みはさまざまなことに応用されていくと思います。
テレワークの捉え方を電話を使ってビジネスをすると狭く捉えていましたが多くの可能性があることは理解できました。

今日はわたしの要望していた奈良県の野菜や果物を扱う太田市場を見学。とにかく広いことにびっくりデス。東京に9つの市場がありますが太田市場は49%を扱っています。又個性園芸事業部がありここでなら大和の野菜を取り扱ってくれているそうです。この市場の価格で全国に出回っていくのでここで高い価格がつくと高く売れるようになるとのこと。柿で言えば西吉野の柿 は和歌山についで取扱量は第2位とのことです。1位の和歌山で約6千トン、奈良が4400トン。野菜は全国で46位とのこと。ネーミングについて聞きましたら、関西では大和と奈良はすぐ結びつくが、関東では、大和と奈良が結びつかないため、なら大和の野菜と売っているそうです。京野菜は,加茂のなす,九条ねぎとかすべて地域名をつけており、ほかと差別化している
ためまねができないそうです。卸売市場と言うのはどんな商品でもすべて受け入れる。その代わり返品はないが金額は無条件依頼と言う原則があるとのこと。 大和の野菜を売り出すにはオリジナルのレシピ。高級料理店でのメニュー、一般家庭でのメニューを紹介することが大事だということです。
とてもいろいろ勉強になりました。
CIMG9750.jpg
その後パナソニックを見学。未来のスマートタウン、未来の生活を見てきました。これから宅配がもっと増えていくそのとき不在でも受け取るロッカーがあり、中のものが冷凍が必要なものかを確認できれば専用路カーが開く仕組みなど、あったら便利だと思うようなものがありました。未来の車、未来の部屋では鏡を見ただけで心拍数などが表示されたり、ベットにねると体調の変化がデーターで送られたり。目標はオリンピックの2020年を目指して具体化が進んでいます。たまにいくのは面白いですがそこに住み続けるのは何か落着かないような気がしました。パナホームと奈良県の木を使うことが提携されています。いろいろな先進的取り組みにならの木が使われていくといいですね。ここの社長さんも奈良県出身だそうです。

奈良県出身者が全国で頑張っているんはうれしいことですね。

posted by みっちゃん at 21:14| Comment(0) | 日記

2014年10月28日

和歌山県国賠同盟で石垣スエノさんのお墓参り

午前中は王寺町の幡野美智子議員、小山郁子議員とともに、大和川の河川工事で久度神社の横の木が切られるという住民のかたの声が寄せられ、現地を視察。大和川工事事務所にいってきました。

畠田駅のプラットホームの屋根が2両分しかなく、住民からの屋根の延長の強い要望がずっと出ていましたが、町が2200万円の予算をつけたものの,JRとの関係で進展がないため、王寺鉄道部、町役場に行って事情をきかせていただきました。実際設置に当たっては予算が3000万ほどかかること,JRが予算をつけることが必要で下半期の予算をつける方向とのことで、そのための契約を提携しているということがわかりました。

和歌山県国賠同盟の皆さんが大型バスで香芝にある石垣スエノさんのお墓参りに来ていただき、その後中央公民館で、石垣スエノさんの人柄についてお話させていただきました。

日赤の看護婦時代、施療患者には酸素を使わないという決まりはおかしいと院長に直訴して認めてもらいますが、それがきっかけで「アカ」だと目をつけられて特高に尾行され、昭和7年、「大阪奈良で行う、陸軍大演習に天皇が来る。」言うときに大阪で検挙され拷問を受けます。その後下田に帰って助産師として数百人の子どもを取り上げ、貧しい家にはおしめやミルクを届けるなど赤い産婆さんとして、又下田村の村会議員も勤めました。その後いろいろ聞かせていただいたおばちゃんの人柄を紹介させていただきました。

その後バンクーバー9条の会、国賠同盟中央常任委員、国際部 岩下 美佐子さんの講演、「21世紀を平和と人権の世紀に。」と題して1時間の講演を聞かせていただきました。

岩下さんはバンクーバーにすんで中国や韓国などいろいろな国々の留学生と一緒になるなかで、日本の若者が近代史を知らないこと。そのことがアジアの国々の人たちとの連帯を妨げていることをかんじて、カナダで歴史教育を行います。
 それは加害の事実を教えたとしても国民を狂わせていった教育や戦争に反対した人たちがいたことを教えることなく日本人のすべてを加害者、侵略者としてひとくくりにすることは危険です。そこには人間の誇りも希望も見出せません。青年の中には、傍観者として身を守ろうとしたり、民族の誇りを偏狭なナショナリズムの形で求めたり、知ることを拒否することも少なくありません。それは未来の平和を造ってほしいと願うわたし達の思いとはかけ離れています。
国が侵略者として戦争を遂行する中で、この国にも自らの命をかけて戦争に反対した人がいたことは人間としての誇りであり希望です。
戦争に反対した人々(治安維持法犠牲者)を語り、その生き方を引き継ぐことが青年に希望を与え、世界の人々と連帯を築くことができる。日本の政府の態度によって日本への不信感がもたげてくるアジアの人々。しかし戦争に反対した日本人達の事実を知ったとき信頼、連帯がはっきり示してくれる。治安維持法犠牲者達から学ぶ生き方でわたし達はナショナリズムを超えてつながっていくことができる。と言う感動的なお話でした。

いい機会をつくっていただき、こちらも大いに学ばせていただいた1日でした。
CIMG9727.jpg





posted by みっちゃん at 20:29| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp みっちゃんの宅急便
2013年11月号
憲法輝く希望の都市にいのちと暮らし守る県政へがんばります