2015年02月28日

河合診療所友の会総会

午前中は久しぶりにコーラスの練習に行きました。
今エコールマミが改装中で、それが完成したら杮落としにコーラスも出場させていただけるようです。
しっかり練習しておかないと人前で歌えませんので、少しの時間を見て練習に参加しています。オーシャンゼリゼが新しい曲です。うきうきしますね。

午後から河合診療所友の会の総会でした。診療所の建設中の写真から始まって、懐かしい人がいっぱい登場。
今日までの間本当にたくさんの方々が支えてきてくれたと改めて感じています。
それにしてもみんな若い。私の若き日の写真がありました。皆さんの前で何かを説明しているような写真で社会保障の学習会をしていたとこのものではないかと思います。
今は亡きお世話になった多くの方々も登場していました。
CIMG7085.jpg
総会後は、大正琴サークルのみなさによる演奏が披露されました。
懐かしい映画音楽 エデンの東 4重奏で大正琴とは思えないようなオーケストラのような迫力の演奏でした。最後にうれしいひな祭りを全員で合唱。作詞サトウ八ロー だったことを初めて知りました。
CIMG7087.jpg
posted by みっちゃん at 19:03| Comment(0) | 日記

2015年02月27日

昭和52年貸付の不良債権処理が提案

知事選挙で,日本共産党の対応が注目されていましたが、本日、知事予定候補として谷川かずひろさんが
記者会見をしました。
県知事選谷川候補記者会見.jpg
参議院選挙で全県を回り、年末の衆議院選挙では1区の候補者として立候補。残念ながら議席にはいたりませんでしたが、若くて誠実で、温かい人柄は、ふさわしい人物です。
県民の命と暮らしを守る県政を作るため一緒に頑張ります。
今日は代表質問の初日、自民党は米田忠則議員、自民改革 荻田義雄議員、 民主 高柳忠夫議員、の3人でした。

本会議終了後追加議案が提案されて、経済労働委員会に権利の放棄の議案が提案されました。
中小企業近代化資金貸付金、小売商業高度化資金貸付金 4件 債権額 9841787円です。
事前説明では調停日昭和56年 とされていたため、
今井「貸付日はいつであったのか。お金が返済された最後はいつだったのか。」
県 「貸付は昭和52年、返済がとどこおったのが昭和56年であった。5年償還の条件になっている。」
今井「昨年20億円の債権放棄が出たときに関連で30件くらいの不良債権の処理がおこなわれた。もうこれ以  上はないと思っていたら、今回このように出てきている。なぜ今頃出てきたのか、まだこの様な債権が    残っているのか。」
県 「債権者や連帯保証人に請求してきたが関係者がみな亡くなり取立てがこんなになったため今になった。
   まだ不良債権は残っているが最後まで返してもらうように努力。」
今井「どこからも返済されることが無いものが議案に出てきたのは理解できるが、ここまで何をしてきたの    か。公金である以上きちんとすべき。」
部長「請求行為をしていく人件費などのコストと見合わせて債権放棄の処置をおこなうためまだこのようなも  のは今後も出てくることはある。」とのことでした。
 
県政の大掃除をしてきたと思っていますがまだまだ隅々まではいけていないようですね。

  

posted by みっちゃん at 20:31| Comment(0) | 日記

2015年02月26日

災害訓練に自衛隊の参加をしないよう申し入れ

 河合町で2月28日開催予定の「第2回河合町総合防災訓練」に陸上自衛隊が参加することが明らかになり、日本共産党河合支部は町に対して申し入れをおこないました。
馬場千恵子町会議員、坂本博道さん、新日本婦人の会からも参加。私も一緒に副町長に申し入れをおこないました。
1、自衛隊はわが国を防衛することを主たる任務としている軍事組織であり、災害救援隊ではありません。

2、安倍政権の下で集団的自衛権行使の閣議決定を容認し秘密保護法の制定、武器輸出3原則など戦争する国づくりを進めていて自衛隊のあり方も大きく変わってきている。自衛隊として災害訓練や退院募集など日常的に地方自治体との関係を強めてきており、これも戦争する国づくりの一環であり住民の様々な意見を大切にして子どもの未来を守るためにも首長として自衛隊の関係は慎重にするべき時期である。

3、災害活動を通じて軍隊の力を強化した歴史もある戦前も関東大震災における戒厳令下の帝国陸軍出動により大正デモクラシー下の軍縮世論は一変して、旧陸軍は国民的支持を獲得しました。他方帝国陸軍は関東大震災の経験を紀に警察自治体との連携、住民を動員して有事、防空体制の構築を薦めました。国民の中での災害救援活動で、自衛隊の支持を元に自衛隊を憲法上も軍隊にしていく改悪のしたささえの意味を持つことは明らかです。

4、平和な河合町に迷彩服姿の自衛隊は必要ありません。今回は小学校における炊き出しに参加するとのことで教育の現場における総合防災訓練の自衛隊の参加に反対し中止を求めます。
副町長は町長に伝えますとの返事。その後、町長から「そんな深くは考えていなかった。県下から要請があったと。」の返事がありました。
CIMG7076.jpg
posted by みっちゃん at 17:17| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp