2015年05月31日

健康まつり、,上牧祝勝会、甲状腺がん学習会

心配していたお天気も雨が降らずほっとしました。友の会の健康まつり、この日に備えて皆さん準備をしてきました。広陵後援会では毎年恒例の焼きそば。いつもおなじですので定着しています。秘伝のたれもおいしいと評判。外のお店から広陵町のお店を見学に来てくれていました。300円に美味さの秘密がたっぷり。
新鮮なねた、秘伝のブレンドソース、調理人の心意気です。
河合町の後援会もカレーと手作りのペンケースなどが並びました。おしゃれなペンケースを買ってきました。
久しぶりにいろいろなかたと会うことができて楽しいひとときを過ごしました。

上牧町の後援会では選挙のご苦労さん会が開かれて参加。いつも選挙のときに手を振ってくれたお店が閉まって気になっていましたが、ここを借りてのご苦労さん会でした。
広い畳の部屋にはカラオケも着いていて、皆さん大喜び。いい場所が見つかってよかったです。
NPTの報告をさせていただきました。

奈良県保険医協会の講演会
福島原発事故での甲状腺がん異常多発、多様な健康障害を前に何をすべきか のテーマで 高松 勇 医療問題研究会の小児科の先生が講演してくれました。
100ミリシーベルトや20ミリシーベルトなどの訂正量被爆と内部被爆との関係を様々なデーターを示して説明してくれました。福島原発以後54例の甲状腺ガンが発見されましたが、福島医大の鈴木氏の発表によれば 転移して悪性度の高いもの、整体麻痺や気管圧迫する可能性のある患者も含まれていて、従来説明していた超音波検査をしたから偶然見つかった。長期的経過を見ても問題ない状態のものですというのは明らかに反しています。終了後高松先生に、奈良県ではホールボディカウンターがないなど相談しましたが、測定方法で数字の違いがあり、今はむしろ検診費用や継続的な検診、規制の交通費などの具体的な対応が求められているというアドバイスをいただきました。
posted by みっちゃん at 20:08| Comment(0) | 日記

2015年05月30日

みんなで歌おう会

広陵町中央公民館で第9回みんなで歌おう会を開きました。
今回はたくさんの方が参加していただき用意していた椅子も足りなくなるほど盛況でした。
生のピアノとギターによる演奏で歌うのは日ごろは味わえないなかなかのものです。

はなみずきとして「いとし子よ」「オーシャンゼリゼ」を歌いました。
振り付けもあって皆さんとても喜んでいただきました。

たくさんリクエストが出されエピソードも。「赤い花、白い花」をリクエストされた方は「誰かさんがとても好きな曲でした。」と。いろいろな曲にはたくさんの想い出があります。

私は「青い空は」をリクエスト。NPT再検討会議に行ったときに、シカゴのメーデー会場で真っ青な青空の下で日本から行った人がみんなで歌いました。知らない人も多かったようですので普及したい曲ですね。

青い空は青いままで 子どもらに伝えたい 燃える8月の朝 影まで燃え尽きた 父の母の兄弟たちの
命の重みを方に背負って 胸に抱いてCIMG7703.jpg

午後から孫の子育て支援。一緒に餃子を作りました。
posted by みっちゃん at 17:22| Comment(1) | 日記

2015年05月29日

林業基金の問題について調査

来週、初度の経済労働委員会が開催されます。
奈良県林業基金の解散問題が報告されるため、調査学習をしました。105億円の負債を抱えて倒産です。
林業は農業と違って今年種をまくと来年実るというものではありません。親の代に植えた木が切り出して売れるようになるには50年100年と、子や孫の時代にやっと伐採となります。
ただし、木材価格が下がっていることで当初国でも今植えて、収穫できるときまで長期の融資を行うことでその利息も含めて収益が出るという見込みが大違い。
当時国策で薦められてどこの県でも同じような基金が設けられましたが、今日解散や倒産などが起きています。
林業基金がおこなってきた植林は切り出しにくい場所や環境保全のために植林が必要なところなど、収益よりは森林機能の公益的側面を保障して、林業労働者の雇用の確保などの役割を担ってきています。
必要な公益機能は誰が負担するのか仕組みづくりが必要です。

上牧町石丸典子議員と宣伝しました。
CIMG7698.jpg
posted by みっちゃん at 20:47| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp みっちゃんの宅急便
2013年11月号
憲法輝く希望の都市にいのちと暮らし守る県政へがんばります