2015年11月29日

家庭婦人バレーボール大会で挨拶

朝9時から王寺アリーナで西部ブロック家庭婦人バレーボール大会が開かれ、参加して挨拶させていただきました。
東京オリンピックで東洋の魔女が脚光を浴びて以後、全国にママさんバレーが広がりました。以前はママさんバレーといっていたのが、子どものいない人も未婚の人もいるということで、1980年に名称が変更されたようです。私は特に女性の多い時はがん検診の話をしています。まったく自覚がなくたまたま受けた検診で乳がんが見つかった自分の体験を伝えてがん検診を受けくださいと語っています。
CIMG7278.jpg
靴下祭りで孫2人を連れて行ってきました。黒滝村の串こんにゃくと、猪バーガーが人気で並んで買いました。あんまりおいしそうな顔をして食べてくれるのでこちらまで幸せな気分になりました。
靴下祭りではあたたかそうなタイツを購入。車がいっぱいで歩いていって正解でした。どんぐり、むかご、水の中の生き物いろんなことに興味を持っているのでお散歩も楽しいです。綿の木を見つけました。
CIMG7281.jpg
午後から和泉のぶたけさんが広陵町に来てくれたので、八尾議員と以前から訪問したいと思っていた所にいってきました。今の戦争法案に大きな怒りを感じておられ、教育の現場でたくさんの人を育てて来ましたが教え子を戦場には送らないと教えてきたとのこと。薬師寺の棟を建設した西岡さんのお話になり、木には癖があって、家を建てるなら山で買え。北側の木は北に、このように立てると木の寿命だけ生きている。曲がった柱でも200年待ったらよくなるそうすれば2000年持つという壮大な発想を紹介してくれました。又雇用についてもワーキングプアをなくさなければ結婚もできないと、私たちの思いとぴったりで訪問した会がありました。

元読者の方に電話で新聞をお願いしたところ日刊新聞が増えました。




posted by みっちゃん at 19:02| Comment(0) | 日記

2015年11月28日

香芝、北葛母親大会 笑ってガンを治す

コーラス。12月6日の本番が近づいて来ました。練習も皆さん真剣です。

午後から王寺町の地域交流センターで香芝、北葛城郡母親大会がひらかれて参加しました。
最初に20分間のヨガを教えていただきました。
呼吸が大事です。
手をたたいたり、こすったりするのは寒いときに自然と行っていますが、指先まで血液の流れを良くする大事な意味があります。ゆっくり動かすだけですが体中ホカホカして来ました。

富田林から来ていただいた茶論亭富姫 (さろんていとんこ)さんによる落語。桃太郎、茗荷宿を聞かせていただきました。53歳でガンになり、5ヶ月の入院で免疫力をつける大切さを感じ、落語を聴くようになったそうです。友人から近鉄さろんの落語教室を教えていただき60歳を過ぎてから落語を勉強。とにかく繰り返して覚えることが基本とか。私はおはなしをやっているので、落語も面白いかなと興味を持ちました。
CIMG7274.jpg
母親大会で友人と久しぶりに出会い、王寺の雪麻呂カフェで雪麻呂ロールを食べながらおしゃべり。
見晴らしが良くてなかなか素的な場所でした。
保育園では、発達障がいの子供が多くなって、障害児の加配をつけてもらうには医師の診断書が必要ですが
児童相談所も虐待が増えて以前のように書いてもらえなかったといっていました。
子供が増えるのに受け皿が少なく、横のネットワークも不十分で県で頑張ってほしいといわれてしまいました。
posted by みっちゃん at 20:20| Comment(0) | 日記

2015年11月27日

ガン患者会との懇談会

奈良県議会のがん議員連盟とガン患者さんとの懇談会が開かれました。
H24年から県議会の全議員が参加するがん議員連盟ができ、このような意見交換会が実施されています。
ここで出された意見を参考に来年の予算要望を議員連盟として行います。

オストミー患者会からは、退院が早くなりオストミー装着方法が十分会得されないで退院。補助があるが各自治体ばらばら、県で統一を。災害時の対策で個人にあったものを自治体で備蓄してほしい、装着に1時間かかるので、簡易トイレを用意してほしい。

ホスピスをつくる会 から、医大にホスピスを、南和広域医療センターにホスピスをつくってほしい。
検診を受けようのキャンペーンが年に1回だけ。これでは少ない。

あけぼの会 からは ガン条例をもっと県民に広報してほしい。受動喫煙の防止をしてほしい。
 小児がんの項目を新しい計画に入れてほしい。家族が末期がんと言う人がセミナーにこられた。遺伝の要素がある。もっとはやくから検診を受けていたら初期で見つかった。100人の会員さんなくなっていく人もいる。一人でも助けたい。

キャンサーネットワーク からは先日私も参加したイベントでのアンケートから納得の行く治療を。同意書を出さないと治療を始めてもらえない。副作用の情報の統一をしてほしい、病院間の連携強化。血液内科を奈良県総合医療センターにつくってほしい。どこにいても良質な医療が受けられるように。就労対策。

ピアサポートガンサロンは北部に集中、南和、東和にはない。十津川でのガンサロンで奥さんをガンでなくした方が新宮の病院に行ったが医大で診てもらえたら助かったかもしれないといわれていた。
ガンになっても出産できる。緩和ケアが初期から必要と言うことを医師が理解していない。
若い人が検診を受けるようにガン教育が大事。


貴重な意見を聞かせていただき大変勉強になりました。それにしてもホスピスの会馬詰さんの熱心さには敬服
します。現在100歳。医大にホスピスができるのは10年先といわれ、どうしてもあと10年は生きなくてはいけないと語っていました。

終わってから市町村政策自慢大会で春日野国際フォーラムに行って来ました。紅葉の奈良公園は本当にきれいです。ほとんど終わっていて最期の三宅町のランタンの取り組みを聞かせていただきました。

posted by みっちゃん at 23:31| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp みっちゃんの宅急便
2013年11月号
憲法輝く希望の都市にいのちと暮らし守る県政へがんばります