2017年05月14日

母の日キャンペーン、義務教育学校講演会

朝から北葛城郡の体育大会があり河合町のグランドに行ってきました。昨日の雨が嘘のようにグランドのコンデションもよくかんかん照りでもなく、体育大会日和でした。

近鉄奈良駅前で、奈良あけぼの会の母の日乳がん検診キャンペーンがあり参加してきました。
今年は例年に比べて参加者がやや少なかったのですが、乳がん検診を受けましょうの呼びかけが入ったティシュがすぐになくなりました。外国人観光客が多くアジアの人は日本人かどうかわからないため、乳がん検診を受けてください、ピンクリボンプリーズと言いながら配っていました。ある方が「私は献血ができません、」といわれたので、献血ではなく乳がん検診を受けてくださいとおすすめしています。私も検診でがんが見つかりました。自覚がない時に受けるのが大事です。」というと。「どうもありがとうあなたもお元気でね。」とティシュを受け取ってくれました。今回参加してピンクリボンアドバイザーの方に出会えることができました。奈良県のアドバイザーで何かできたらいいですね。
終了後みんなで一緒に昼食会。乳がん歴17年、30年、とつわものがいます。別のがんもある方がいて、皆さん生き生きとしているのを見ると励まされますね。
17.5.14 母の日 今井さん.jpg
17.5.14 母の日きゃんぺーん2.jpg
王寺町の文化福祉センターで義務教育学校についての学習会があり参加してきました。ちょうど2部の討論会から聞かせていただきました。堺市と池田市の義務教育学校のことが紹介さえていましたが、学校の規模など王寺と比べてどうなのかがもう一つ様くわかりませんでした。
子どもが昔と違って発達が進んでいる。学校の63制度が子どもの発達にあっていないといわれていましたが、人類の長い歴史の中で、数十年ほどでそんなに多くの変化があるものでしょうか。
アドバイザーの梶田叡一先生は教育は学力や成長の結果をだすこと。瞳が輝くなど抽象的なものではない。結果が全てといわれて違和感を感じました。
あわてないあわてない、ゆっくりしっかり人間を育てる教育が必要ではないかと感じました。
posted by みっちゃん at 22:25| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp