2017年08月25日

goodjobセンターに行ってきました

香芝市にできたgood jobセンターに行ってきました。
障がいのある人がアートを通じて、様々な能力を引き出してそれを仕事にしているところです。
建物が木がつかわれていてとてもおしゃれです。
DSC_0997.jpg
カフェやランチも楽しめるところで、いろいろなオリジナルの世界に一つしかない,作品が並んでみていてもとても楽しいものです。

隣の建物は自由にアートに取り組めるところになっていて、ここがおきにいりの彼が、実に素早くたくさんの絵を描いていました。
それがとても生き生きしていて、書いている彼も生き生きしていてすてきな空間でした。

ここではほかの作業所で作られたものを集めて出荷していろいろなお店などに発送、するなどの作業も行っていました。

いっしょに仕事の相談に行った方が、今まで何でも自己否定でしたが「ここなら1歩進む気がした。」と言ってくれてよかったです。私のすてきな場所を知ることができていい体験でした。

山田美津代議員と国保の減免を紹介しながら、国保引き下げの署名をお願いに回りました。赤旗日曜版1部増えました。
posted by みっちゃん at 22:00| Comment(0) | 日記

2017年08月24日

国保交渉、平城京歴史資料館視察、 立山祭り

国保の広域化について地方議員、衆議院予定候補らとともに県の保健課と懇談申し入れを行いました。
奈良県社会保障連絡協議会も同時に申し入れを行いました。
8月末に、国の指針に基づき国保広域化に伴う保険料の試算が出るとのことです。
医療費の伸びが2.4%、国保の納入率が奈良市は低く91%。広域化になった時には県に100%治める予定になりますので、不足分はほかの保険者に上乗せさせられることになります。

ケンミンにいつ伝えるのかを聞くと来年4月に決めていこうとのこと。社会保障制度であるならばせめて周知期間をおいて実行するべきではないのか。もともと憲法25条に基づく制度であるのに、治めたくてもおさめられない人が4から5%発生している。その分を国が補てんするべき。それを被保険者に上乗せすることがおかしい、と主張。実施を遅らせて当初知事会が1兆円を要求して1700億円だけ。もっと国の財政支援を増やして今本的に見直すべきです。田原本の吉田議員は田原本町の国保は黒字なのに広域で値上げになるのはおかしいと主張していました。

平城京の歴史公園を視察
県のゾーンと、国のゾーンを見せていただきました。
産業雇用振興センターにご挨拶
夜は孫と立山祭りを見学しました・

posted by みっちゃん at 23:24| Comment(0) | 日記

2017年08月23日

日本共産党奈良県地方議員団会議、東アジアサマーフォーラム

奈良県地方議員団会に出席。再度地方議員とはを再確認できる充実した内容でした。

1、地方政治の問題に住民の目線で取り組む
2、一つ一つの要求を困難を解決して実現する努力
3、産業政策など地域経済の諸問題に目を向ける
4、行政側の重大な攻撃を見逃さない
5、他の議員との共同の努力
6、議員活動で是帯に脱線しない
7、議員を増やせる活動を志す

東アジアサマーフォーラムに申し込んでいたので午後は奈良県立大学に行ってきました。

私的戦後平和外交史、道義的国家としての道   竹内行夫
歴史認識は本来個人的なもので国家が個人に押し付けるものではない、とされたうえで、敗戦から平和国家としての出発の過程を歴史的経過を踏まえて紹介していただきました。
質問で、なぜ平和が大事か というのがだされ少し驚きましたが、今の若い世代にはそもそも戦争とは平和とは、ここから考えないとだめなのかと考えさせられました。

拡大するアジアの観光交流  薬師寺浩之(奈良県立大学地域創造学部講師)の講義でした。
わかりやすいお話でそもそも観光とは。世界とアジアの観光の規模。観光交流がもたらす負の遺産。
タイの事例を紹介しながら、観光産業を進めている他地域の人と、そこで低賃金で雇用される地元の住民との格差の拡大。これまで自給自足の暮らしを営んできた少数民族が観光の見世物にされている。
いまアジアはヨーロッパに次ぐ観光の需要が拡大されている。経済発展で暮らしにゆとりができてきた。
安い飛行機など気軽に行ける。ニーズは高いサービスと安い費用の方向。

これでは高級志向で進めている奈良の観光政策がどこまで続くのかが心配になりました。

東アジアサマースクールだからこそ、各国の学生が一緒に戦争の歴史を学び認識を共有していく取り組みができればいいと感じます。日本語の講義でそれを理解できる優れた世界の若者が一緒に学ぶ機会はあまりないと思います。

posted by みっちゃん at 21:05| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp