2017年08月10日

原水爆禁止2017長崎大会に参加して熱い思いを感じてきました

原水爆禁止2017世界大会・長崎に参加しました。奈良県からは広島、長崎で50名が参加。
夫と、中2の孫と一緒に参加することができました。
20638443_1094197940717532_4823361035204390393_n[1].jpg
核兵器禁止条約が国連で122か国の賛同を得て可決され、初めての世界大会どうしても行きたいという思いでした。心配していた台風もそれました。
初日7日は開会式。世界の参加者が以前よりたくさん参加されていたように思います。皆さん条約が大きな力になって、これまで願ってきましたが現実的展望が開けたことでパワーあふれるものでした。
奈良県の決議を送った国連の軍縮担当の中満泉さんも発言、核兵器に関する国際条約ができたのは20年ぶり被爆者の方々と市民社会の取り組みが後押しをしたと述べていました。条約は唯一の道ではない。またNPTは冷戦時代にできた。今回の条約はNPT第6条を補完するもの

安斎育郎氏は被爆72年、72は3の3乗と2の3乗を掛け合わせたアキレス数と呼ばれている。パワフルだが完ぺきではない。パーフェクトにするには世界同時行動が必要。9月20日発動される日を持って世界中で行動を起こす大波を広げるとき。0はいくら重ねても0,1は重ねれば1億にもなる。

ベネズエラの代表はベネズエラは核軍縮を憲法で規定している非核平和地帯を守るこてゃ地球ネットワークや平和首長会議など非同盟運動の議長国

8日は午前中は平和公園と原爆資料館に行ってきました。9日の式典の準備がされていました。
午後からはどうすれば核兵器をなくすことができるのか,各国政府とNGOの対話フォーラムに参加しました。同時通訳機を付けて会議に参加です。
オーストリアの軍縮担当大臣が参加。イギリスの代表、核保有国の中で最初にこの条約に調印するのはイギリスではないかといわれていました。アメリカの代表は像を食べるにはどうすればいいかということわざがある。答えは一口ずつ食べる、一人では大変だが大勢で食べたらすぐ食べてしまうといわれていました。
20727818_1154286698048074_9081609680551775122_n[1].jpg
会場からに質問の後意見を求められたので思わず挙手をして発言してきました。奈良県から来ました。奈良県は小学校の修学旅行が皆ヒロシマに行っています。全国で陸上自衛隊の駐屯地がないのは奈良県だけです。2010年NPTには全自治体の賛同署名を届けました。今ではすべての自治体が平和首長会議に参加しています。奈良県議会では核兵器廃絶を求める決議が上がり、国連に送りました。この署名は被爆者の思いがこもった署名自体に力があります。ためらうような性質のものではありません。役場や、学校、いろいろなところにお願いに行くと集めてくれます。
思い切って広げて1日も早く核兵器廃絶が実現できるように頑張ります。
20664813_720494204822799_317697215411226690_n[1].jpg
奈良から参加された人が初めて奈良を誇りに思えたと言ってくれました。孫はどう聞いたでしょうか。
9日に観光振興対策特別委員会のためその日の夜行バスで帰ってきましたが、孫と夫が駅まで送ってくれて孫は私の荷物をずっと持ってくれました。うれしいですね。
五位堂駅に着くと聞きなれた声がして八尾議員が早朝宣伝をしていました。今井光子県会議員は原水爆禁止世界大会で長崎に行っていますと紹介していたところに、私が現れたのでびっくりです。
マイクを借りて原水禁大会の報告をさせていただきました。

9日の委員会では初めてだったので以前からきいていた万葉文化館のミュージアムショップでカードが使えないためにほしいものがあってもあきらめてしまうことが多いそうです。カードが使えるようにと取り上げました。県はメリットデメリットをよく検討したいと答弁。ほかの議員からも援護射撃していただきました。

posted by みっちゃん at 22:17| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp