2017年09月27日

政治の力学

五位堂駅前早朝宣伝。力合わせ未来ひらくの大看板は何かやりそうな予感を感じます。

テレビがきぼうの党でハイジャックされた感じです。小池百合子東京都知事がきぼうの党と新党の名前を発表したのが昨日です。
これまで一緒にやってきた若狭氏や細野氏が蚊帳の外の感じで、小池氏が自分で党首を名乗りだしました。
安倍さんもひどいけれど、小池さんの独裁的なやり方も相当です。テレビではきぼうの党というのは2月に商標登録していたとのこと。
かなり周到な用意です。民進党も解体を迫られています。

民主党が政権交代したときの選挙は、財界が自民党政権が倒れても中身が変わらない政治を保証するために政治献金を増やし、結果的には国民に向けの公約違反を次々に行い、その結果国民はだれがやっても同じという政治的な諦めが広がったと思います。

今度はあきらめたらだめ。
赤旗の集金、野党らしい野党は共産党しかないから頑張ってと激励をいただきました。
政治の力学を動かすのは国民世論と運動です。
posted by みっちゃん at 20:22| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp