2017年10月14日

北朝鮮のミサイル問題で演説会

上牧の運動会は雨の予報で中止になりました。コーラスの発声練習。
リレーフォーライフに参加。天理駅前で12時から開会式。最初の1周をサバイバーとしてあけぼの会の皆さんと歩きました。今生きていることの幸せを感じて、たくさんの失った仲間を思い出して。

橿原で3区候補の演説会に参加。
応援演説をさせていただきました。
今回の選挙は、厚紙で463と書いて463人の国会ぎいんを選ぶ選挙です。小選挙区は284のうち240で野党統一が実現しました。69の選挙区で共産党は候補を下しました。野党と市民の共闘こそ未来があります。
4番目でしたので、民進党支持率8%では希望の党18%に飲み込まれたが、共産党は3から5%しかなくて大丈夫かと聞かれた。私は95年の歴史、大政翼賛会にくみしてこなかった。最初は非合法や弾圧を受けての出発で0からのスタートでなくマイナスからのスタート。それが支持しているとはっきり言ってくれるのが3から5%もいることはすごいこと。共産党というとあまり得をしなかった。指示していると言わない。陰で応援します。
時の政権が選挙公約で憲法改正を掲げることは異常。国難突破というが私たちは5年間も政権を取って国難というなら安倍政権が国難、しかし自民は北朝鮮が国難という、昨日も共産党のことはその通りと思うが北朝鮮だけはよくない、話し合いなんか通じないといわれた。
1994年、クリントン政権の時北朝鮮の核施設をアメリカが攻撃する、北朝鮮はソウルが火の海になると今と同じ状態が起きた。もしそうなればアメリカ軍が5900人、韓国軍が49万人の死者が出るといわれ、カーター元大統領と金日成主席と直接対談を行って回避した。
安倍総理は圧力を加えろ一辺倒。jアラームで国民を脅してできることは物陰に隠れろと昔の竹やりで飛行機を落とせということ。アメリカのミサイル防衛装備をかわされて軍事費が5兆円を突破。ミサイル防衛のお金だけでつく3万円の奨学金が50万人支給できる。
今度ばかりは、合言葉比例は日本共産党。大きく広げ、この国の政治を変えてみんなで行きましょうアホノミクスの向こう側と訴えました。

皆さん元気が出たととても喜んでいただきました。
posted by みっちゃん at 17:28| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp