2018年01月14日

キリスト教のお通夜に参列しました

朝から声がかすれてややかぜぎみ。
あまり外出せずに、この際質問の準備をとパソコンに向かって文章を作成。
お世話になっている方のご主人の訃報が入ってきました。

午後から近くに買い物にったついでに9条改憲NOの署名をお願いしたら快く記入していただき、そこに工事に来ていた方にもお願いすると、妹が奈良で共産党で頑張っているといっていただき元気をいただきました。
広陵町民の会の結成の呼びかけのお願いに行ってきました。

夜はお通夜に参列。今夜のお通夜は、キリスト教のお通夜でした。オルガンの音色がいろいろな思い出をめぐらしてくれます。89歳、いろいろな時代を生き抜いてこられました。最後まで在宅で看取られたました。訪問看護やヘルパーさん、往診など見事な連携だったそうです。最後はお孫さんが起きて、起きてという声を聴きながら旅立たれたそうです。好きだった聖書の一文の紹介、賛美歌の合唱など。仏教の時とはまた違うお通夜でした。
献花は白とピンクのカーネーション。奥さんがピンクのカーネーションを手向けていましたが、なんだかとても素敵な感じでした。
毎日同じことをやり続けてきたことを息子さんは尊敬していますといわれていました。しっとりとした、人柄が感じられるお通夜でした。
posted by みっちゃん at 23:23| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp