2018年01月22日

各派代表者会議、国保の県単位化学習会

きょうから国会が開会です。森友問題のすでに亡くなったといわれていた資料が見つかったことが報じられていました。

寒波到来。県議会では各派代表者会議のため当庁。
生活相談で差押え問題の相談がありました。

次の各派の後に定数検討委員会があるため、共産党会派としての提案のまとめが必要であり、調査をして文章をまとめました。次の議員団会議で相談したいと思います。

広陵町の山田美津代議員と、国保の県単位化の問題について勉強会。
広陵町は昨年度の減免実績が約200万円になることが判りました。奈良県の県単位化については同じ所得と世帯構成であれば同じ保険料で統一できるようにすることが目的とされていますが。居住するところによって医療提供体制の違いもあり県民からすれば病気になった時に安心して医療が受けられるように払える保険料にしてほしいということが最も大きな課題です。
この方向では36年には一人約1万円4人で4万円の値上げが求められていくことになり、要望は値上げではなく値下げで逆行します。




posted by みっちゃん at 20:03| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp