2018年01月25日

観光力創造塾 稼ぐ奈良、感幸地としての奈良

午後から奈良国際春日野フォーラムで観光力創造塾があり参加しました.
南都銀行と奈良県の共催によるものです。
第1部は「稼ぐ観光」への転換 日本総合研究所 主席研究員 藻谷浩介氏
イメージや空気は現実と違うということで、会場の参加者に、思われていることと実際の違いをいくつか取り上げて質問。犯罪が増えているのか、少年犯罪が増えているのか、東京には若者が増えているのかなど、いずれもNO−。観光はやるべきことをすれば人口は減らない。やるべきこととは地元の食材、地元に住んでいる人が働いている、北海道ニセコ、沖縄、福島県檜枝岐村、など。

第2部は奈良県立大学客員教授でサマースクールでもお話を聞いた山田桂一郎氏JTICSWISS代表です。
日本炊き込みご飯協会会員であることが紹介されていましたが、炊き込みご飯は地元の米食材お水がそろった食べ物といわれてなるほど。私も大好きです。感幸地 魅力的な観光地ではなく魅力的な地域であることが大事。地域を作るとき十勝千年の森構想という計画がある。1000年も前に栄えてなくなっているところはたくさんある、なぜならが生き残っているのかストーリー性が大事
京都が紹介されていましたが、外国人観光客が増えてホテルも増やしていますが地域経済から見ると赤字です・それはおもてなしの食材が地元の物ではない働く人がよそからきているなど、j元の循環から外れた地域経済になっています。さらに観光有害状況が生まれています。

さいごのトークセッションは南都経済センターの島田清彦氏、鉄田憲男氏も交えて観光地奈良のいきのこり作戦のトーク。実に面白い内容でした。
奈良駅周辺で充電ができwifiができるところが3軒しか出てこない。食泊をしてほしいなら止まらねばならないことを考えるべき。夜間居酒屋の飲み歩き、朝の散歩、
東京で一番人気は主婦が自分の家庭で、2時間半で外国人観光客と買い物体験で食材を購入して一緒に料理をするのが大人気、1回8人まで。一人のコストが9800円ほど。
わざわざここまで来る人にとって年談よりもニーズに合った体験ができるかどうかが重要。コストの設定は奈良の間隔で設定しないことが大事。

もうすぐホームステイを迎える予定なのでとても参考になりました。我が家のおもてなしが次にタイの人が奈良に来てくれることにつながればうれしいですね。

posted by みっちゃん at 21:04| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp