2018年01月28日

日本共産党新春の集い 広陵後援会新春の集い

広陵図書館で議会報告会をやっていたので見学に行ってきました。
パネルを使ってわかりやすく、議会の仕組みや、学校のクーラー設置の状況、洋式トイレの回収を目標にしていること、新しく作る認定こども園のことなどいい取り組みだと思いましたが、人が少ないのがざんねんですね。
アンケートを記入したが風船をいただいたので孫のお土産に頂いて帰りました。

新春の集い、新春だからやはり着物を着ようと思って45年前に大学を卒業するとき、近所の呉服屋さんで父が作ってくれた鶴が羽ばたいているガラの着物を着ていきました。核兵器廃絶の象徴はつるですね。早くいくと着付けの先生がいてるのでいい加減な帯を直してくれました。
5人の県議団の決意表明。20歳で同和問題をきっかけに入党、奈良に来たのもそれがきっかけ、40年の間に大きく変わってきた、昨年同じ感動があった。核兵器禁止条約が実現した。奈良県でも核兵器廃絶を求める決議が上がりました。市民が世界を動かすじだい。病気で引退も考えたが元気になってきて自分に限界を作ってはいけないといってくれた人がいる。がんで私が頑張ることが多くのがんで苦しんでいる人を励ます力になれたらうれしい。次回で14度目の挑戦。7勝できるように頑張ります。
山下よしき副委員長のお話も一緒に奈良県の声を国政に届けてくれた歴史を思い起こす話でした。

夕方は広陵町福祉センターで後援会の新年会、マジックあり踊りあり、あいさつアリ、ビンゴありで楽しいひと時を過ごすことができました。
後援会の役員の皆様に感謝です。
posted by みっちゃん at 21:07| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp