2018年02月28日

奈良県定数検討委員会 木でできた服

今日は奈良県定数検討委員会が開かれ、参加しました。
前回の会議で、各会派の意見をまとめて出すようにということでしたので、日本共産党として現在44名を1増にする45名案を提案しました。
現状では1票の格差が2倍以上の選挙区はありません。ただし、香芝市が定数2、生駒郡が定数3で人口は香芝が多いという逆転現象が生まれています。
奈良県の全体定数は同じ人口規模の県と比べて多いと言える状況ではなく法廷定数は51になっています。
また1人区の解消については、現在1人区は御所市、葛城市、宇陀郡ですが市同士の選挙区は認められていません。吉野郡の定数が現在2ですがここを1にすると、定数1の選挙区がもっと増えてしまうことになります。
議員定数削減は、財政論から出てくることが多く共産党は議員一人に年間かかる費用はすべて含めて約1700万円になるため、議員政務調査費、費用弁償などの削減で生み出すことを提案しました。
今回4会派が現状、公明、維新が定数削減、共産新創ならが定数増となりました。
わたしは、減を提案した理由は何かを質問。また現状維持の所には、香芝と生駒郡の逆転現象をどう考えているのかを問題提起させていただきました。

以前に注文していた吉野の杉、ヒノキのチップからセルロースを取り出してすいて和紙にしたものを、細く切って糸にして織った、布で作ったジャケットが出来上がってきました。
クチナシで染めて柔らかい黄色のすてきな服に仕上がりました。
樫で染めたスカーフを付けてくれました。森林には人間がまだまだ気づいていない豊富な資源があります。自然の声に耳を傾けていけば、自然はすごい贈り物をくれるような気がします。
posted by みっちゃん at 22:43| Comment(0) | 日記

2018年02月26日

40回目の結婚記念日でした

今日は日差しも穏やかで春を感じる日となりました。
朝から県庁に行って代表質問の打ち合わせ。どこまでできれば完成なのかと言えば、自分でこの辺までと思えたところになります。
答弁する方は、自分の所管には答えられますが、国のこと、市町村のことというのでお答えできませんの返事が返ってきます。
年金など多くの県民に直接かかわることですが県ではかかわるところがありません。おかしな話ですね。

生活相談で、賃金が払われていないとの相談がありました。雇用する基本のことです。午後からリガロイヤル春日野で奈良県働き方開花う推進協議会が開かれて傍聴してきました。行政、雇用者側、労働者側各代表が委員になってそれぞれの現場の実際を話してくれました。
双方に労働のルールが周知されていないことを感じました。時間外労働をへらす努力、有給取得100%を目指して頑張っている企業など取り組みが行われています。
おもしろいと思ったのはスーパーの精肉部門の改善。これまでは朝10時の開店に合わせてすべて商品の品ぞろえのため早朝出勤や、店が閉まってから明日の準備に残業したりが多かったそうですが、いつの時間にお客が来て何を買うのかを分析し、暇な時間に仕込むことで長時間労働が改善。売れ残りを値引きして夕方販売するのも減ったとのこと。
また飲食業ではいつも万全の態勢でお客が迎えれるようにスタッフも置いていたが、予約制にして鍋料理専門にすることで人件費削減につながった。
バスの労組、現場では年間720時間の36協定になっている。まだまだ長時間労働が行われているのが実態です。

今日は40回目の結婚記念日で久しぶりに夫と近くのレストランに食事に行ってきました。
できて7年目のお店ですが、うちの店で祝った結婚記念日で40回は最高ですといわれてしました。
posted by みっちゃん at 22:34| Comment(0) | 日記

2018年02月24日

代表質問ほぼ完成

代表質問の原稿を書き上げることができました。ひとまずほっとしていますが、月曜日にまだ調整が残っています。
コーラスの練習に参加

林光さんの 贈り物という歌を歌っていますが、今日全員一人ずつ、歌詞を朗読しました。
これまでは楽譜の上で字ずらを追いながら歌っていたのと違い障害者の作業所の、指導員や、親たちの声から生まれてきた作品であることが判りました、

僕の歌聞いてよ 君に送る送りもの
僕の歌聞いてよ あげるものは何もないから
緑の風にくるんだ 僕の歌を送ろう
洗いたての心を きみに 送ろう
朗読した後から歌うと 歌がとても深みを持ってあたたかくなりました

午後から友人のお見舞い。 
病院から戻ると、私が行ったことで前向きになれたとメッセージ。病気との闘いは、病気に負けないことですね。
posted by みっちゃん at 22:51| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp