2018年02月08日

県議団会議 介護保険の申し入れ 障害者団体との懇談

県議団会議を行いました。3月議会に向けての質問内容など意見交換。
また意見書や、日程調整を行いました。3月は今井が代表質問。太田議員が一般質問、小林照代議員山村幸穂議員が予算委員会になります。

介護保険について長寿社会課に申し入れを行いました。
明日から不服申し立ての審査会が始まります。それにあたって意見陳述希望者にたいして制度にかかわることなどははつげんできないという趣旨の文書が届いており、言論統制ではないかという受け止めの声が寄せられています。誤解を招く文書は訂正して自由な発言を認めるべき。陳述者の同意があれば傍聴を認めてほしい。
運営協議会に公募委員を入れているのか調査をしてほしいという内容です。

障害者団体との懇談会を行いました。奈良県の12の団体が協議会を作っておりその中で切実な意見を聞かせていただきました。
医療が必要なのに看護士が募集しても来ない。
救急で運ばれても家族がいないと治療してもらえない、高齢で遠いところにいるため施設長が家族代わりになることで治療をしてもらう。
32歳小児科で見てもらっていたが大人だから内科といわれ、内科に行くと体が小さいので小児科といわれる。
施設の建て替えには公費が出なくなったが今の状態で自力では無理。その時入所者をだれが見るのか.
障がい者も、親も高齢化が進み介護の人手不足は深刻です。外国人の研修生が入ってきていることも伺いました。
posted by みっちゃん at 21:50| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp