2018年08月03日

十津川村訪問

朝から太田敦県議、鎌野祥二参議院予定候補、井上良子さんと4人で、十津川村に行ってきました。
久しぶりに支部の皆さんと懇談。人口減少問題に大変危機を感じています。地域おこしを様々な形でとりくまれていることがわかりました。南和医療センタードクターズヘリで十津川ではたくさんの人の命が助かったそうです。

2011年の台風によって十津川でも村営住宅が流されていまだに6名が行方不明です。まだ各地に爪痕が残っていましたが、五條から十津川に向けて新い道ができていました。道路はまさに命綱です。

8月4日は橋の日で、谷瀬のつり橋で揺れ太鼓が行われるそうです。

更谷村長さんにお会いして懇談させていただきました。
村の96.6%が森林に囲まれています。林業で村を再生したいということで取り組まれ、十津川の家などでこれまで2000トンの出荷だった木材が2万トンに増えています。製材業者も2軒から7軒に。
家具の職人さんも移住して3組の若い方が来ているとのことでした。
9月2日の林業シンポのお誘いでは、ちょうど行方不明の方の捜索の日になっていているとのことです。
災害の仮設住宅を当初はプレハブでということでしたが、木の住宅が早くできるならということで、村長は村の大工さんに寝ないで頑張れと声をかけて力を合わせて完成。温かみがあると喜ばれたそうです。復興住宅も知り合いが一緒のほうがいいからとみんなで移住。新たな地域が動き出しています。
仕事と住まいが村でできるようにと、一生懸命取り組んでいることが伝わてきました。

森林組合を訪問。昨年スイスの研修生を受け入れ、今年はスイスに学びに行かれるとのこと。
食べていける林業になるように、せっかう来てくれた若い青年がずっとここで暮らしていけるようにと考えていました。
所有者がわからず境界確定ができないと道路がつきません。道路がないと木の切り出しができません。
シンポジウム森林管理について関心を持っていただきました。

南部農林事務所が同じ建物にありシンポジウムのお知らせを届けてきました。
京奈和道路ができて夕方には高田に戻ることができました。
posted by みっちゃん at 21:49| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp