2018年10月05日

県議会高校再編計画賛成多数で可決

今日は 県議会の9月議会の提案議案が採択される本会議でした。
朝から各派、議運に参加、1時から本会議。
宮本次郎議員が予算については賛成、特にクーラーについては一貫して設置率が低いことを取り上げ続けてきましたが今回の補正予算で、市町村が活用すればほぼ県下の小中学校でクーラーがつくことになります。
高校再編では、なぜ平城高校がなくならなくてはいけないのか、昨日の教育長と平城高校生徒の話し合いでは泣き出す子供もいた。また奈良高校の耐震化も問題。県立高校再編計画策定委員会の要綱があるのに、設置もせずに極秘で進めたことは重大問題であると反対意見を述べました。
無所属の川田議員も反対意見を述べました。

採決の結果2つの請願
奈良県立奈良高等学校の主要建物について、地震による影響から生徒や教職員等の関係者の生命及び身体を守るために万全を期すことを求める請願書
及び奈良県立平城高等学校の存続等に関する請願書については共産党は賛成しましたが賛成多数で否決

第 80 号 奈良県養護老人ホームの設備及び運営の基準に関する条例の一部を改 正する条例
議第 81 号 奈良県立高等学校等設置条例の一部を改正する条例
議第 84 号 (仮称)奈良県国際芸術家村整備事業にかかる請負契約の締結につい てに反対しました。
その他は賛成です。

県政問題学習会に参加。立命館の森裕之先生の講演 人権とコミュニティが生きる住民が主人公のまちづくり
とても面白いお話でした。

posted by みっちゃん at 22:41| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp