2018年11月18日

広陵吟詩会50周年記念式典に参加

グリーンパレスで広陵町吟詩会の50周年記念式典があり参加させていただきました。
昭和43年に町内にいろいろな吟詩会がありましたが、それを一つにして連合会にしたのが始まりだったそうです。
東養洲会長のもとに今日まで続いてきました。あいさつをさせていただきました。

本日は吟道関心流 広陵地域連合会結成50周年記念式典まことにおめでとうございます。
このような場にお招きいただき大変うれしく思っております。
県会議員の今井光子です。事前に冊子をいただき目を通してまいりました。昭和43年に広陵町全地区会員が広陵吟詩会に集まり、吉岡茂雄初代会長のもとに広陵地域連合会が発足されたことを知りました。多くの先人の方々の努力とそれを引き次いで来られました多くの会員の方々の力で50年という長きにわたって続けられてきたこと心から敬意を申し上げます。
先日県議会で沖縄に行ってまいりました。毎年南方地域諸島戦没者追悼式が11月16日に大和の塔で行われております。昨年から、県議会の委員会が順番に視察と併せてこの式典に参加することになりました。私はこのようなことが行われていたことを知りませんでしたが大和と書いてだいわと呼ぶのは、戦艦大和をイメージさせないためにつけられたと伺いました。戦争を繰り返してはならないという思いが込められているように思いました。糸満市の海の見える小高い丘に建てられた塔は奈良県全体の戦没者の6割15800名がここに祀られていました。党の内部には戦没者の名簿が安置され塔の基壇の医師は吉野川の玉石が並べられ一つ一つの玉石にはご遺族の名前が書かれてあります。
奈良県遺族会の方が今年はたくさんお参りいただいてありがとうございましたと謝辞を述べられました。
行く途中にひめゆりのとうがありまして立ち寄ってまいりました。沖縄戦が激しくなった時に地元の女学校の生徒が女子挺身隊として負傷兵の看護にあたったわけですが13歳ら17歳までのあどけない女子学生の写真に熱いものがこみ上げました。実際戦争で亡くなったのは9名、6月18日に部隊の解散命令が出ましたがその2日間で111名がなくなったことを知りました。改めて教育の恐ろしさを感じました。
今この国が大きく方向転換をしようとしています。少子高齢化が進む中でどこでも持続可能が大きな課題になっています。広陵吟詩会の活動が今後ますます発展し文化の向上と平和のためにに貢献されますことを記念いたしまして皆様のご健康と御多幸を願いあいさつとさせていただきます。
posted by みっちゃん at 18:59| Comment(0) | 日記

2018年11月17日

経済労働委員会で沖縄視察

14日から16日まで沖縄に経済労働委員会の視察に行ってきました。沖縄には何度か言っていますが新知事誕生後は初めてです。
最近はピーチの確約空港を使っていたので改めて国際空港の那覇空港の広さを実感。
初日は沖縄の家庭料理のお店でランチ。奈良にもゆかりがありライブもできるところでした。古謝美佐子さんによく似たママさんは自殺防止を訴える歌も出していた方でした。沖縄と台湾が近いこと、ウーロン茶も台湾の生茶が出てきました。
午後から、一番歴史がある酒造所泡盛国華の製造元を尋ねました。国宝文化財に指定された古い建物で、前あからのお酒造りをしているのはここだけです。絶妙なトークに引き込まれて広い工場と庭、住居を案内していただきました。あれだけの地上戦が行われたにもかかわらずこの建物が残ったのは、米軍が統治することを考えて大きな施設はわざと空爆せずに残したことがわかりました。建物のかまちには英語で落書きも。

辺野古では大きなタンカーが横付けされていましたが工事は中断されたままでゲート前の座り込みにも誰もいませんでした。

15日はIT集積の埋め立て地域にコールセンターや、アジア太平洋地域のITの人材を養成するところなどが並んでいました、運営はして管理になっていてその責任者の方に説明を伺いました。
企業に1棟丸ごと貸し出し。月に家賃駐車場込みで500万とか600万。それでも自前で施設を持つよりずっとおとくです。保育所も現在建設中です。給与は最低賃金で安いのですが物価も安いのが特徴。

嘉手納の道の駅の上から嘉手納基地を見学、資料館では戦闘機の騒音、ジェト機の騒音、など聞き比べしてみましたが、ジェット機は耳をつんざくような音でした、よくここにこのような基地監視ができる場所を作ったのか。沖縄の人々の心いきのような感じがしました。

午後から読谷村の菊の選か場を視察。ロボットの導入で、農家の手が楽になり、家族の時間が取れ、息子さんが後を継いでくれるようになり、作付面積を増やして収益を上げていることがわかりました。
JAの方が説明してくれましたが、これこそ営農指導だと感じました。ちなみにここはアメリカの土地だったところです。人口41000人。すごいですね。

続きはまた。



posted by みっちゃん at 23:28| Comment(0) | 日記

2018年11月13日

高すぎる国保に!


国保の学習会を開きました。国保の滞納者は払えるのに払っていないのではないかという率直な疑問に対して、広陵町の国保の基準に照らして赤旗日曜版にのっていた事例で計算してみたら400万円の4人家族 30代の夫婦に子供2人の場合で
29年度医療分 所得割 6.9%    276000円 
      均等割り26100円 4人 104400円
      平等割 27400円     27400円
さらに30歳以下の場合は後期高齢者支援金分として
      所得割   2,6%    104000円
      均等割り 9100円 4人  36400円
      平等割  8300円      8300円
合計                  556500円

40歳以上65歳未満はさらに介護保険分が加算されます。
65歳以上75歳未満は 医療分+ 後期高齢者支援分ですが
介護保険は年金から天引きされます。
75歳以上は国保料は払いませんが後期高齢者医療と介護保険が年金から引かれます。

これでは払えないですねと。共産党の提案は所得割だけにして家族の人数や1世帯当たりにかかる均等割りと平等割を廃止しようというもの。この場合556500円が38万円に下がります。
全国知事会が要望した国の財政1兆円をつぎ込めば軽減は可能です。
あてはめて計算したらあまりの高さにびっくりです。
 
posted by みっちゃん at 21:10| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp