2018年11月05日

県立高校問題で県議団そろって教育長に申し入れ

久々の団会議で県庁へ。
県立高校の問題、奈良高校の耐震化問題や平城高校存続を求めて、5名の県議団と北野いつ子さんと共に吉田教育長に申し入れました。
県は奈良高校の生徒の安全対策優先で、現在空いている郡山の城内高校の校舎を奈良高校で活用することを検討中であることが明らかになりました。
時期は来年の1月か4月を考えています。今までの付けが回ってきたといわれていました。
県立高校再編成問題で要望181104.jpg
県議団会議

防災問題でパワーポイント作成

上牧町の桜ケ丘2丁目自治会を尋ねました。
防災活動の優れた事例として紹介されていました。公園には防災倉庫が2つ置かれ、装具入れも置かれていました。またベンチかまどが3つあって、倉庫の下には薪も準備されていました。
現在は桜ケ丘と片岡台の6地域で合同の防犯活動青色パトロールが置かれています。
持続していくのが大変ですが、子どもたちの下校時に合わせて定期的に町内を回ることで、防犯につながっています。各自治会から3〜4名で一つの班になり、車からマイクで安全を呼びかけているそうです。
posted by みっちゃん at 20:41| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp