2018年12月12日

奈良公園にホテルはいらない

朝から雨、早朝宣伝はお休みでした。
今日は議会が休会で明日が最終日です。

今日の奈良新聞、毎日新聞に、高畑のホテル建設問題で地元住民が提訴した記事が掲載されていました。
これまで世界遺産でもあり、景勝地でもある奈良公園は多くの規制がかけられて、地元住民の方々も自分の家のリフォームにもなかなか許可が出ないという、きびしいルールを守って暮らしてきました。突然長い間手塚図だった裁判所の跡地を庭を整備すると県が言い出しました。そしてそれは県民に開放するためではなく、そこにホテルを作ってホテルの宿泊客がいい庭を眺められるようにするものだということがわかってきました。
全室露天ぶろ付きの客室。お湯は温泉から毎日トラックで運んでくるとのこと。出入り口は一つしかなく、静かに暮らしていた住民からすれば、家の前から、お客さんも、トラックもみな出入りすることになるからせめて入り口の場所を変えてほしいという願いも聞き入れられずです。
茶室の3億円の予算 びっくりです。
いよいよ年明けには着工する計画だということが明らかになってきました。これまで塀で囲まれてきたのでシカの侵入がなく、奈良公園の中でも特別な生態系がありここにしかいない植物や昆虫が生息しています。
奈良公園は県民の共有財産。山奥や海辺などの公園でそこしか宿泊場所がないため宿泊施設を建設するならわかりますが、周辺には宿泊施設があります、なぜ高級ホテルをなぜ作る必要があるのか。
納得できる説明がありません。
だから慌ててごり押しする。安倍政権と同じことがこの奈良でも起きています。



posted by みっちゃん at 22:29| Comment(0) | 日記

2018年12月11日

奈良県部落差別を解消する条例(案)、経済労働委員会 

朝から政策検討委員会がひらかれて山村議員が参加。新創ならの会派から提案のあった、「奈良県部落差別を解消する条例(案)」について議論しました。以前は部落問題はタブーとされて、共産党以外、他党の方は一切、取り上げたり発言したりしなかった時代がありましたが今日の報告を聞くと、他党からも、「昨年奈良県では障害のある人もない人も共に生きられる社会を作る条例ができているのになぜ部落問題だけのものが必要なのか。」「県独自の取り組みとして調査をするなどが書いてあるが、差別をかえって広げることになる。」など、いろいろな意見が噴出したとのこと。
自由に語ることができる時代になってきたことを改めて実感しました。

今日の経済労働委員会では、補正予算で台風被害についての予算が出てきました。これまでは機械や施設には一切支援がありませんでしたが今回国は、自治体が予算化すれば半分は国が出すことになりました。ところが大阪府は10分の2、市町村も10分の2、国が半分で被害の9割が保証されますが奈良県は12分の1と低いため、市町村と併せても3分の1は自己負担になります。農業に携わる人が少ないときに頑張ってやっている人が災害になって、農業をやめなくてもいい支援が必要。アメリカでは気候変動や価格の暴落があっても、9割は公的保証が受けられる仕組みで農業が続いていることを紹介しました。
また使用していない農地のマッチングを、奈良県農地サポートセンターが行っていますがなかなか進んでいません。フランスでは農地の状況に合わせて新規就農者に支援金を渡していますが、高地で営農が困難なところは高く、平地は低くというように、どこでも大切な食料生産ができるような支援があります。

中央卸売市場の構想が提案されましたが、市場と関係ない、ホテルやアリーナ、温浴施設などの計画が急浮上。37年に向けて計画を進めるとのこと、200億円の事業です。






posted by みっちゃん at 21:12| Comment(0) | 日記

2018年12月09日

今日は寒い日曜日でした。赤旗編集長のお話、消費税学習会に参加

今日はすっかり寒くなりました。
河合町の馬場千恵子議員、坂本博道さんと地域訪問。12月22日、上牧2000年会館の議会報告会のお誘いをしました。日曜版が2部増えました。日刊紙もお願いしてきました。

午後から赤旗日曜版の編集長が来て講演をしてくれました。6つの魅力、
1、タブーなく真実を伝えられること。
@財界のタブーなし消費税増税、大型公共事業、大企業の闇にメス
A最大のタブーはアメリカ 沖縄の辺野古基地問題では新基地の建設問題を堂々と追及。
Bタブーなく歴史の真実を堂々と報じる。 徴用工問題、希望して働きに来たのではなく、危険労働に強制動員されたこと、ずっと歴史の真実を追求し続けています。
2市民と野党の共闘になくてはならないもの
ほかの野党には機関紙がないため、共闘を推進する原動力の役割。野党議員や元首相経験者2人も登場
3、暮らしに役立つお役立ち情報 無料定額診療や差額ベッドなど いのちに直結して喜ばれています
4、スクープにこだわる
5、裏面は芸能人から文化人まで一流の人が登場
6党議員団や支部のみなさんと作ります。 先週号にはモンベルの会長 辰野氏も登場、奈良公園のホテル問題で出ていただきました。

消費税増税反対の学習会に参加しました。
各界連絡会が主催して「消費増税が私たちに及ぼす影響」立正大学法学部客員教授。税理士の浦野弘明先生のお話は全体像がよくわかり、今後の戦いの力になります。
宣伝カーで演説会の案内をお知らせしました。



posted by みっちゃん at 19:21| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp