2018年12月13日

王寺町で宣伝訪問、友の会と研修医の交流会

小山郁子議員と王寺町で宣伝と訪問を行いました。
留守が多かったのですが、お会いできたところではいろいろお話させていただきました。今の安倍内閣のやり方に腹を立てていますが、野党がだらしない、冥土に行くときは悔いのないようにしていきたい、と言われていました。山下よしき副委員長が来ます。ぜひ来てくださいと22日の上牧2000年会館の演説会をお誘いさせていただきました。

健生会友の会と研修医、新任看護士さんとの交流会に参加。研修医の先生は4名、看護師さんは8名でした。
友の会がよくわからなかったようですが、地域の街角健康チェックや、友の会班会議で健康をテーマにそれぞれ講演などもしていただき、最初来たばかりの時は自己紹介で人見知りしますといわれていたのが、嘘のように堂々と1年間のことを振り返って発言してくれました。また友の会の一筆旅行の取り組みやユニークな活動から学んだり、みんなで健康のことを考えたりしていることも刺激になったようです。看護士さんたちも熱中症調査などにも参加して地域の患者さんの暮らしぶりや、買い物ボランティアに参加して、どんな街に暮らしているのかを知ったり友の会活動参加で視野が広がったようです。
私も発言させていただきました。私がいたころは研修医の先生に来てもらうためにみんなで手分けして電話を掛けたりした時代から考えると、4名もの研修医、8名もの看護師が来てくれてこのような場を持っていただいたことは考えられないくらいの前進。議員になって思うことは現場で起きていることが最前線。行政は現場で起きたことを調査して政策にしていくため、実際実行するときになると現実は前に進んでいる。
いま目に前で起きていることが第一線の最新のこと。がんと仕事の両立を議会で取り上げたが、拠点病院の相談センターにも仕事の相談は来ない。そこに行く前にみな仕事をやめてしまっている。告知した時に仕事を含めて相談に結び付ける体制が必要。ぜひ土庫病院で最先端の仕組みを作って実行してほしいです。とあいさつさせていただきました。
posted by みっちゃん at 23:15| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp