2018年12月17日

「川上の高原トンネルひび割れ、高原断層帯も考慮して検討を」申し入れ

川上村の高原トンネルに亀裂があったとして、現在国道169号線のメイン道路が通行止めでう回路になっています。奈良新聞でひび割れ5年前にもという記事があったため、大滝ダムの地滑り問題で高原断層を取り上げたときのことを思い出し、議事録を探したところ,平成17年 9月 定例会(第276回)-09 月 27 日−04 号  取り上げていました。
以下議事録からです

国 土 問 題 研 究 会 大 滝 ダ ム 地 す べ り 問 題 自 主 調 査 団 の 研 究 に よ れ ば 、
白 屋 地 区 の 背 後 斜 面 を 高 原 断 層 が 通 っ て お り 、 そ こ は 必 ず し も 不 動 域
と は 考 え ら れ ず 、 地 す べ り 域 の 動 き を 抑 え て も 、 緩 み 域 や 背 後 の 斜 面
の 動 き を と め ら れ ず 、 白 屋 地 区 の 斜 面 を 安 定 化 で き な い 可 能 性 が あ る
と 指 摘 し て お り ま す 。 地 す べ り の 力 学 的 な 数 字 、 そ れ を 食 い と め る た
め に は ど れ ぐ ら い の 杭 や ア ン カ ー を 必 要 と す る の か を 公 表 し て こ そ 工
事 へ の 信 頼 が 持 て ま す が 、 力 学 的 数 字 は 出 て お り ま せ ん 。 さ ら に 、 一
九 九 九 年 の 報 告 書 の 地 質 図 に あ っ た 高 原 断 層 が 、 二 〇 〇 三 年 報 告 資 料
の 地 質 図 か ら 抹 消 さ れ て お り ま す 。 こ れ で は 万 全 の 工 事 で あ る の か ど
う か 、 科 学 的 に 判 断 す る こ と が で き な い と 専 門 家 は 指 摘 し て お り ま
す 。 大 滝 ダ ム は 、 高 さ 百 メ ー ト ル 、 長 さ 三 百 十 五 メ ー ト ル 、 堤 体 積 百
三 万 立 方 メ ー ト ル 、 総 貯 水 量 八 千 四 百 立 方 メ ー ト ル で 、 諏 訪 湖 よ り も
大 き な 貯 水 量 に な り ま す 。 バ イ オ ン ト ン ダ ム の よ う な ダ ム 地 す べ り 災
害 を 起 こ す 可 能 性 を 秘 め て お り ま す 。 国 土 交 通 省 の 地 す べ り 域 の み を
対 象 と し た 今 の 計 画 で 本 当 に 安 心 で き る の か も 含 め 、 科 学 的 デ ー タ の
公 表 を 求 め る こ と が 必 要 だ と 考 え ま す 。
そ こ で 伺 い ま す 。 県 と し て 、 国 任 せ で は な く 、 白 屋 地 区 の 地 す べ り
対 策 に つ い て 独 自 に 安 全 性 を 確 認 す べ き と 思 い ま す が 、 い か が で し ょ
う か 。

明日対策検討会議が県が設置して開かれることになっています。この情報を道路管理課に伝えて、高原断層のことをきちんと位置付けて検討してほしいと要望しておきました。
posted by みっちゃん at 12:56| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp