2019年01月19日

北葛城郡連合出初式  今井光子事務所開き

今日は大安吉日ポカポカ陽気になりました。
朝から北葛城郡消防出初式に参加しました。広陵健民グランドでしたが本当にあたたかな日でした。
ご挨拶させていただきました。「24名が優良団員の表彰授賞おめでとうございます。父が消防団をしていたころ伊勢湾台風で嵐の中を待ち続けた不安な思いを忘れません。家族の理解があってこその消防団活動です。
阪神大震災から24年、復興住宅で70名が孤立死。地域密着の消防団の役割がますます重要です。南海トラフは必ず来ます。その時にどうすれば命を守れるか、これまでの総点検が必要です。命を守る奈良県づくりに頑張ります。」と

午後からは事務所開き。手作り看板に、寄せ植えのお花を飾って手作り感満載。
今井光子事務所開き 7期目必ず勝利しよう
  100名が参加 温かいメッセージの数々 

1月19日広陵町赤部交差点角で今井光子事務所開きが開かれました。
春のようなぽかぽか陽気 今日は大安吉日でした

太鼓と笛のお囃子 笛は佐藤正さん、太鼓は寺井保さん。そろいの法被に鉢巻きで
で元気よくスタート

初めに社会医療法人健生会 土庫病院名誉理事長の稲次直樹医師から「今井さんとはずっと一緒に仕事をしてきた。最初に立候補の話があった時は病院が困るからと思ったが、医療福祉のことの第1人者。議員になってからも、福島から避難してきた患者さんの住宅問題で家賃補助継続のことを相談して取り上げてもらった。7期目当選のため頑張ろう。」

3人のママ AYAちゃんは「 いつも今井さんにやってもらっている。子育ては大変、給食費やいろいろおカネがかかる。安心して子育てできる奈良にしてほしい。」
     
葛城北民商の麓会長は「ずっと顧問になってもらっている。民商のツアーで川下りの時船頭さんは黄色い服を着ていた今井さんをドラミちゃんと呼んでいた。いつもニコニコそこがいいところ。業者の営業とくらし守るためにぜひ頑張ってほしい。病気をしたときにひろった命は県民のために頑張るといったことが忘れられない。」

奈良県農民連の森本吉秀会長は「台風の被害があった時などいつも県議会で取り上げてくれて農民の声を代表する議席は何としても守り向きたい。大きなところほど何かあるとすぐつぶされる家族農業で持続可能な農業を実現したい。」
  


鎌野祥二参議院予定候補は「今井さんは誰も取り上げなかった高度化資金の不正問題を取り上げて10年戦ってきた。奈良県議会になくてはならない人。今年は共産党の躍進で安倍政治を終わらせる年にしていこう。」

今回はたくさんのメッセージが寄せられました。
女性後援会の寺井真知子さん
上牧町議の石丸典子さんからメッセ―ジの紹介
広陵町 山村由之町長、上牧町 今中富夫町長 、王寺町平井康之町長。奈良ビューティフルシニアで感動大賞受賞された103歳の馬詰眞一郎さん
百済の竹村久仁子医師、王寺の松岡クリニック院長 松岡正樹
山下よしき 参議院議員

奈良日べと友好協会 代表 井ノ尾寛利さん 
今井光子さんは奈良県議会においてベトナム総領事館からの友好発展の願いを受け止め経済労働委員長としてベトナムとの経済交流のため懇談会を開催されるなど大きく貢献されました
奈良県平和委員会理事長 河戸憲治郎氏
奈良県は、そもそも憲法違反である自衛隊の駐屯地が存在しない、全国で唯一の県です。米軍基地もありません。今井光子さんは、憲法9条の精神を最も体現している、この奈良県の積極性を生かし、世界に平和のアピールをすることが奈良県の果たすべき役割であると強く主張されています。

今井光子県議はここで事務所を持てたことのお礼。14回目の選挙。これまで6勝7敗。今度勝てれば5分5部になる。共産党県会議員で6期やってきた人で7期目挑戦は全国で8人。3人区の郡部では私だけ。この保守の強いところで送り出していただいた皆さんに関書の気持ちでいっぱいです。今の政治は信頼を失い安倍総理だけではなく勤労者統計を見ても国が体をなしていない。その悪政に追随しけん引になっているのが奈良県政。医療費削減のため低い目標に達しないと全国どこにもない地域別診療報酬を導入するとか、国保の県単位化も奈良県が言い出して国がついてきている。高校問題では審議会設置要綱があるのに設置せず反対を押し切って進めようとしている。ホテル誘致のまちづくりに220億、国際芸術家村に100億、奈良公園のホテルのため庭園の茶室に3億。42億で奈良高校が立て替えできる。農業の自給率15%、中央卸売市場のリニューアルにもまたホテルやアリーナの計画。一番大事なことは安くて安心安全な直量をいかに安定して供給できるかと言うこと。ぜひ7期目送ってほしい。知事を変えて県民の声が届く県政に変えましょう。
とあいさつ

大きな胡蝶蘭のプレゼント、農民連からはイチゴとミカンのプレゼント。女性後援会からはたんぽぽの形に切り抜いたメッセージカードのたくさんの願いを書いていただいた寄せ書きのプレゼントが贈られました。

今井光子事務所長の八尾春雄議員からカンパや、今井光子さんを応援しますアピールの賛同者。支持の広げなど訴えがありました。

最後に地元赤部の寺前憲一元町議の3月1日を投票日に見立てて頑張ろうと1本締め。


posted by みっちゃん at 22:58| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp