2019年01月29日

友の会世話人会 地域訪問 冬樹智子さんのお通夜

朝から相談で訪問1件

友の会の世話人会
各地の友の会活動の様子が生き生きと伝えられました。お弁当を食べながら懇談。一斉選挙の予定候補のあいさつの時間があったので、あいさつさせていただきました。

市原悦子さんは 普通に食べていけて、争いごとがなく、自然の移り変わりを楽しんで、最後は土に変えればいい。私たちが目指しているのはきっとそうした普通のこと、でもそれがむつかしい。長生きしてよかったといえる社会を孫や子に。7期目目指して頑張りますとあいさつさせていただきました。

冬樹学園の創設者で畿央大学の創設者でもあり奈良県の人事委員会など長年にわたって活躍された、冬樹智子先生が97歳でお亡くなりになり、お通夜に行かせていただきました。

いつも優しい明るい素敵な服を身に着けて、楚々として気品がある冬樹先生は女性としてもあこがれるような存在でした。最後は話をされていたのが急に言われなくなってねむるようにお亡くなりになり大往生だったそうです。
こころからご冥福をお祈りいたします。
posted by みっちゃん at 22:45| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp