2019年02月08日

香芝市にデマンドタクシー調査 北方領土返還県民会議

王寺駅早朝宣伝。今日は近畿全駅一斉宣伝でした。幡野美智子議員小山郁子議員と宣伝。

香芝市のデマンドタクシーとコミュニティバスについて北葛城郡議員団と香芝市の中井正友さんと、香芝の生活安全課の南次長から説明をしていただきました。
高齢者の方の生活の移動の確保の問題はどこも深刻な課題です。
香芝市では最初、バスから始まりましたが、移動時間が長いことや、バス停まで離れていて利用ができないなどの問題が起き、デマンドタクシーも両立することになったそうです。
費用はそれぞれ4000万づつかかっているそうです。バスは香芝市が29人乗れるものを購入白ナンバーのほうが車代金が安いそうです。4台運行して1台は故障した時のスペア。バスは運賃1回100円。
タクシーはタクシー会社に8台委託、オペレーションセンターも委託。タクシーは1回200円です。
徴収したお金はそれぞれの会社に入りますが全体契約はその分を見込んで差し引いて契約しています。バスの老朽化が進み変え変え時期を迎えています。緑ナンバーであれば市街にもいけます。車の購入費が割高に。
タクシーは民業圧迫にならないよう休日や夜間は運航していません。大変詳しい説明を聞かせていただき勉強になりました。

北方領土返還奈良県県民会議が開かれて参加しました。決議では4島の返還を求めるもので、高校生中学生の北方領土返還の作文も4島返還を求める声がほとんどです。講演されたケント、ギルバート氏は、返還交渉は妥協が必要と安倍総理の2島返還で平和条約の締結を支持されていました。
また消費税引き上げをやめて憲法改正を前面に同日選挙をしたらいいとの意見も述べていました。会場からは自民党に言いたい。憲法改正を言っているのになぜできないのか。といった意見や。これまで4島返還を求めてきたのに2島返還では納得できないという声がでていました。また若い世代にどう伝えていくのかが大事。
など活発な意見が出ていました。

posted by みっちゃん at 21:56| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp