2019年02月18日

各派代表者会議 観光対策特別委員会

朝から各派代表者会議。
奈良県で部落差別の解消を求める基本条例制定に向けてのパブリックコメントが始まっています。
期間が2月8日から 2月25日と短いために、奈良県パブリックコメント手続実施要綱
では原則として30日以上となっているため問題提起を行いましたが、何日でも同じとの意見でこのままで実施です。
ぜひたくさんの皆さんのご意見をお寄せください。
奈良県議会のホームページから、条例案や、意見の提出方法がわかります。

観光対策特別委員会
持続可能な観光について質問。今奈良県は文化財の活用に力を入れているが保存をしないと持続可能ではないこと。保存に必要なことは地元の人の協力、正しい歴史認識、それをしっかり基礎においての活用を考えることが必要。直木孝次郎先生が100歳でお亡くなりになりました。先生は飛鳥池の保存など奈良県の文化財の保存に大変力を注いでいただきました。今になって利用者数が当初見込みの半分ということで見直し検討することが報道されていたがどのように見直すのか、だれが検討するのか。
県はこれからどうするかを検討していくとのこと。
また2月12日の朝、高畑の裁判所のホテルの着工問題で、朝から地元の人が反対していたにもかかわらず県が強行したことを抗議。住んで良し、おとずれてよしが観光立国基本法の精神。地元の人はみなならが大好き。ただ静かに暮らしたいと思っているだけ、工事の許可書の紙も貼っていない中でなぜ1日待って話し合いができなかったのか、100年も守られてきたシカが入っていない独自の生体系の森を伐採している。
このようなやり方では奈良に住んで良しと思えなくなってしまう。

大立山のバスの乗り場がわかりずらかったこと、池部駅の名称を馬見丘陵公園前駅に変更してもらえるように申し入れてほしい。香具山はすでにJR金橋駅が3月7日から無人化になる問題を取り上げましたが、委員会には担当がおらずあとから控室に来られたので話を聞きました。
掖上駅は今日からトイレが使えなくなるとのこと。ここは御所市が3月議会にトイレの予算を付ける方向、当面は仮設トイレを設置するとのことでした。


posted by みっちゃん at 23:53| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp