2019年05月31日

親切美化県民運動 行政書士会、教育懇談会 

教育委員会から説明を聞かせていただきました。

午後から奈良県親切美化県民運動推進協議会が開かれて今回委員になったため参加させていただきました。
説明を聞いた後意見が出なかったので、毎年この運動に関係している団体や個人を推薦しているとのことですがどれくらいの推薦が上がるのかを質問、昭和61年から始まりましたがこれまで118団体145人が表彰されていますが推薦は1ケタ台。ここをもっと増やすことが運動を広げることになるのではないかと意見を述べさせていただきました。宮本次郎さんも奈良県PTA連絡協議会の副会長で参加。三宅町のひまわりクラブの会長さんの報告で子供たちの通学の見守りをとても丁寧に行っていることがわかりました。こけたときのためにばんそうこうまで用意しているとか。しかし川崎のような登校中の子供たちが襲われたようなことがあればとても防げないと問題提起。宮本さんは自尊心を育てるのは親や教師以外に地域の大人の声掛けが大切と発言。それをきっかけに様々な団体から活発な意見が出て、多くの団体で構成されていることの重要性を感じました。
生活相談2件
行政書士会の懇親会が日航ならホテルで開催されて参加させていただきました。懐かしい方にも合うことができてよかったです。
日本共産党文教委員会の藤森毅氏の教員の働き方と子供の教育についての後援会に参加。特別支援教育に日本共産党が一貫して取り上げてきたことや奈良県の実態なども聞かせていただき、障害の種類や重複障害などで先生の数を決めていますが、どんどん減らさせていること。排泄支援は男子生徒が7割なのに男子教員は3割。自分でできるようにすることを教育するのに人が足りないため介護したほうが早くなってしまう。一人一人に合わせて支援することが必要。現場の意見は学ぶことが多いです。
posted by みっちゃん at 22:36| Comment(0) | 日記

2019年05月29日

王寺町交差点の安全対策を要望

五位堂駅前やつお議員と早朝宣伝。広陵民報を配布しました。

王寺町の小山郁子議員と西和警察に申し入れ。
本町1丁目の交差点が朝夕のラッシュ時に渋滞して、西大和ニュータウン側から右折した時、交差点を抜けられないまま信号が変わるので南北の道路が動かずますます渋滞になる。ラッシュ時間だけでも警察官が交通整理に立ってほしいという住民の要望がありました。
すぐ返事はありませんでしたが、小山議員に改善していただけるとの連絡があったとのことです。

生活相談 1件
平和委員会の会員が増えました。
6月2日の演説会の参加2名。

児童生徒19名もの殺傷事件が昨日発生6年の女子と、児童の父親の2名がお亡くなりになりました。心からご冥福をお祈りいたします。
今日のニュースでは犯人のことが紹介されていましたが、複雑な生い立ちの中で生きてきたことなど孤立していたことなど・・・・・
自己責任社会の中で、周りの環境や人間関係などそこまで思いつめつ前にもっとやれることがあったのではないかと感じます。一人一人が人間らしく生きられる社会を参議院選挙の野党統一スローガンです。


posted by みっちゃん at 21:30| Comment(0) | 日記

2019年05月28日

教科書選定で県に申し入れ

発達障がい児支援施設を訪問しました。
いろいろ苦労してやっとできたところです。1歳半検診などで気になる子供さんがいると市の保健センターから紹介が着てこちらでデイケア。保育園や幼稚園との並行保育です。
2年以上のケアが必要な時はリハビリテーションセンターで診断書を書いてもらって認定を受けるサービスを利用。1割が自己負担。国県で9割を負担。
立ち上げにあたっては書類の手続きなど県ともやり取りしたそうですが、ホームページを見てくださいとのこと。書き方がわからず愛知県のホームページには書き方など詳しい照会があったため参考にしたようです。
県の学習会などの連絡も県からは送ってこないのでホームページを見て申し込んでくださいとのこと。
もっと親切な対応をしてほしいと要望されました。

地元の高校を訪問してご挨拶。以前から気になっていた合併した高校の記念室についてどんな活用がされているかと聞きましたが記念のものは入れていますがほとんど活用されていないということです。
スポーツは人気がありますが普通科は定員割れ。年間を通じて人クラス以上の子供が辞めていかれるとのこと。

教科書ネットの方が県の学校教育課に教科書選定で申し入れを行い同席されていただきました。
現場の先生の意見をよく聞いて選定すること。選ぶ教科書がすべてのところに届けられていない実態があることもわかりました。奈良県内には18か所の教科書選定協議会がありますが、傍聴や公開についてはまちまちな対応が行われています。開かれた協議会になるように要望しました。
生徒の教科書は無償ですが、先生のものは有料のため。毎年新たな教科書にはならず先生と生徒が違う教科書で学んでいることがあることがわかりました。
教科書の無償化と検定教科書の関係が国定挙っか所になってきている今年は社会課が3つの出版社からしか出ていないと聞きました。もっと子供の教科書に関心を持たないとだめですね。

教科書採択要望.jpg
posted by みっちゃん at 20:52| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp