2019年05月16日

地域訪問、王寺町義務教育学校通学路調査

今日は地域を訪問して、選挙の無投票当選と6月2日の演説会の案内をしてきました。留守が多かったのですが、お会いできたところは、よかったですね。と喜んでくださいました。
今の政治何とかならんか、安倍さんはなかなかやめそうもない、頑張ってくださいと激励。

第6回中央委員会総会の報告を読みながらどんな言葉で伝えたらわかりやすいか原稿を作りました。書き出すとあれもこれもと長くなってしまいもうすこし単純明快にしなくてはいけません。

王寺町の義務教育学校の通学路予定地の点検を幡野美智子議員、小山郁子議員と歩いてきました。現在北小学校区の船戸2丁目から歩いて約25分くらい。ランドセルを背負って子供の足ではもっとかかると思います。河川の横の堤防を歩くことになりますが、大雨や増水した時は恐いですね。歩道橋を渡るには河川横の歩道から交通量が多い道を横切る横断歩道もなく危険です。橋を渡ると暗渠になっていて上り坂。そこは自転車やバイクも通過します。中学校のグランドを拡張する予定地も山を登ってみてきましたが
樹木が生い茂り竹藪があって伐採して造成することで斜面の崩落など心配です。
正面玄関は56段の階段を上ってやっと正門に出ます。お隣の王寺工業も訪問して耐震化問題もうかがいました。こちらも工期が4年くらいかかるそうです。子どもにとって今より危険度が増すことは明らかです。
posted by みっちゃん at 23:09| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp