2019年06月01日

日本平和委員会第69回 定期全国大会 in 東京

東京で行われた平和委員会の全国大会に参加しました。日帰りはちょっときつかったですが、帰りの新幹線はぐっすり。
全国平和大会では各地の基地などを見に行ってきましたが、今回の大会参加は初めてです。
奈良から5名の仲間が参加。連日平和大会に向けて仲間を増やす取り組みが毎日メールで入ってきて私も2人の方に参加していただきました。
奈良で今日も頑張っている会員さんから仲間や新聞が増えたという連絡があって、本日昨年の数を突破。
本日参加された方も新幹線の中で2名の会員と5分の機関誌を増やしてきたといっていました。
このような取り組みもあって奈良県平和委員会は人口比で全国1が16年続いています。

全国大会は全国の第一線の報告が語られて大変刺激されます。内藤功代表理事は今の置かれている状況や安倍改憲阻止の取り組みを強調,自衛官の母親や、いじめの問題など自衛隊員の人権を守るたたきにまで広がっている。体内被曝者としてNPOの準備会に参加された方の報告。被爆者がいなくなるのが先か核兵器がなくなるのが先か、核兵器のない本当の青空を子供たちに手渡す。人類を守り次の世代に手渡すのが被爆者の使命、来年はNPT条約ができて50年、川田理事からは日韓フォーラム参加で 昨夜帰ってきたばかりの報告。韓国に原爆資料館が建設。住民の運動で実現した。朝鮮半島の比較の動きは大きくなっている。
種子島からは自衛隊基地建設反対のたたかい、秋田屋山口からはイージスアショア反対の取り組み。沖縄では基地はいらない県民の民意が知事選挙や一連の選挙で勝利。辺野古に基地を作らせない取り組み。所沢からはオスプレイ配備反対。防衛大学校のいじめ問題の裁判を戦っている弁護士さんの報告は衝撃でした。
若者憲法アンケートはこれまでになく9条を変えたら戦争ができるようになるという若者が増えたことが報告されていました。また自衛官募集に勝手に名簿の提供を行っていることに全国では様々な取り組みが行われています。私の奈良県の取り組みを報告全国で唯一基地がないことは誇れるとことです。
平和を守る運土は楽しくダイナミックにすべての人と共にすることが大切ですね。
いい機会をいただきました。
posted by みっちゃん at 23:51| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp