2019年08月07日

原爆投下から74年

今日は8月6日、広島に原爆が投下されてから74年です。
広島市長が呼びかけた平和首長会議は、全国の自治体の首長の加盟率が99.5%、奈良県は100%です。
核兵器禁止条約の実現に日本がリーダーシップをとってほしいという市長の平和の誓いの言葉はみんなの願いです。
今日は高校野球の開幕。主催者の朝日新聞の会長は、「甲子園は天才を待っているのではなく普通の人の頑張りを待っているのです。」頑張るところにドラマと感動が生まれます。

今日は1日子ども知事でした。10名の小学生が子ども知事に選ばれて所信表明。10人中7人が女子。普段の議会では理事者席には一人も女性がいませんが、あと何年かしたらこんな時代が来るのかとワクワクです。
「私が知事になったら、子ども村長、町長などを全部のところに作って全員で少子化対策で話し合う会議を開きたい。」三郷町の特産の草履をはいて登壇したこども知事は、「僕が知事になったら大人にもこれを履いてもらって、省エネ、クールビズ、健康対策を進めたい。」それぞれなるほどと思わせる発言が。

教育委員会に奈良県の高校再編を考える会が申し入れた面談のお願い、日程調整をお願いしていましたが返事が来て、いろいろなところから面談の話があるが、皆お断りしているので受けられないとのこと。
高校再編の話は内部だけで検討して当然発表したことから問題が発生しましたが、相変わらず秘密主義。
いいことも悪いこともどんな意見も聞きながら育てていくのが教育。初めから聞く耳持たずは教育とは言えません。
韓国との関係が政府の対応でどんどん硬直化している中、ネットの中で 大好き韓国 大好き日本 の書き込みがお互いにかかわったいい思い出などを書いて草の根で交流を広げています。違いを認め合ってリスペクトする中から真の交流が生まれてくるのではないでしょうか。

posted by みっちゃん at 00:06| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp