2019年12月10日

広陵クリーンセンター、太田議員の一般質問、新婦人小麦問題申し入れ、友の会研修交流会

八尾議員と広陵町クリーンセンター。ゴミの分別問題で聞き取り調査に行ってきました。天理のごみ処理広域化施設になった場合、これまで分別を細かくしていた広陵町ですが、ほかの自治体と同じゴミの分別になるため緩和されることがわかりました。現在容器プラとその他プラに分けていますが、その他プラは焼却に回されているとのこと。ほかの自治体では容器プラとその他プラは分けないでしているとのこと。
また安堵町、河合町と広陵町の集積場所を安堵町に設置する方向ですが、今広陵のクリーンセンターでやっている分別作業が安堵で行うことになるため、分別処理できる施設を建設することがわかりました。広陵町は35000人安堵は7000人ということで10トントラックで運送するには合同で持って行くほうが無駄がないということです。河合町は焼却は一緒にしますが分別は町独自で行います。災害ごみは計画を策定して具体的場所は検討中とのこと。集積は組合を作り、天理の広域も組合を作って行うことになるそうです。

今日は太田議員が一般質問を行いました。公立病院の統廃合問題では実際に足を運んできて来た声を伝えましたが知事はそれは、医療提供側の言い分。客観的に分析するとの答弁。
そのデーターには医療にかかった人のことしかわかりません。病気でも医者にかかれない人の医療ニーズは分析できません。それらを第1戦でフォローしているのが地域の医療機関です。
新婦人が学校給食のパンの小麦、とうどんを安全な国産小麦でと申し入れに来られて同席しました。

健生会友の会の各支部と、今年入った、医師、看護師さんとこの1年を振り返っての交流会。地域に出かけて買い物をするところがない事を知った若手ナースは、「入院患者さんが退院して生活ができるのかまで考えるようになりました。」熱中症訪問では、「クーラーをつけていない家庭が多くてびっくりしました。」「役員さんは若い人が班会に来てくれて楽しかった。」と好評です。この取り組みは3年目。地域医療を担う医療人を育てる優れた実践の場になってきました。
posted by みっちゃん at 22:03| Comment(0) | 日記

2019年12月08日

広陵後援会餅つき大会、原発再稼働反対関電本社包囲網集会

広陵町の後援会のもち付き大会が事務所の駐車場で行われました。
餅つきの賑わいで、親子連れや近所のかたものぞきに来てにぎやかに。ついたお餅を丸めるのが、いつの間にか身について私の仕事に。
つきたてお餅はおいしいですね。
午後から原発再稼働反対で関電に行くことを伝えると、みんなは「小判もらってきて」とにぎやか。
皆さん原発に固執し、還流わいろをもらっていた関電に怒っています。

2時から本社前で集会、駅で山村議員と出会って参加しました。初めのうちはあまり人がいないと思ていましたがだんだん増えてきて、1100名の参加だったことがわかりました。全国から様々な団体や個人が参加。
再稼働反対奈良県脱原発議員連盟のプラカードを持っていったら、何人かの方が写真を撮ってくれました。
関電本社ビルは下から見上げるとなんと高い事。
原発再稼動反対関電包囲網集会。賄賂より廃炉!各地から様々な取り組みをしている人達が次々報告。
琵琶湖が汚染されたら1400万人の人の飲み水が飲めなくなる。
福島原発事故の避難者、森松さんの訴えは胸を打ちました。私たちは平和のうちに生存する権利があると書かれた憲法を持つ国に住んでいます。原発を止めて皆で生きよう!
釜ヶ崎の組合の人は2万人の労働者が原発作業員で送られたが住所がわからないのが7割、最近は非正規の40代が狙われて履歴書不要、急募。
オリンピックの聖火スタートが楢葉町、地上1メートルに高濃度放射線。県はわずかな空間の放射能だけ測って、若者を走らせようととしている。
関電の還流マネーで国民が起こっている今こそ反発をやめさせよう。
posted by みっちゃん at 19:29| Comment(0) | 日記

2019年12月07日

ドイツ文学者高田由美子さんの講演会

朝からコーラスの練習
午後からお誘いを受けた、大淀町のRIKAENでの文学講座に行ってきました。
ナシの花の時やコンサートなど何度か訪問したことがありましたが、福神駅から道を間違えて山中をぐるぐると車酔い。お迎えに来ていただいてやっと到着。
今日はドイツ文学者で翻訳家の高田ゆみこさんの講演会に参加しました。グードルン・ハイゼヴァングさんが書いた「見えない雲」チェルノブイリ原発事故を扱った小説を高田さんが翻訳。今年93歳になる作者は「人生の終焉は勇敢であれ。」と言われたそうです。戦争の傷跡は多くの人の心の傷になっています。かさぶたを急いでとるとかえって傷が治らない。傷が治るのは一定の時間が必要。戦争や原発事故など後世に伝えるには体験者が語ることと共に、文字や記録で残すことの大切さを訴えられました。
スウェーデンでは第2次世界大戦はなかったのですがヨーロッパででこのようなことがあったと、後世に伝えるために「語り伝えよ子どもたちに」という本を作って無料で子供に配布、教科書に使われるなど戦争の記憶を忘れない取り組みが行われているそうです。
ドイツでは原発を中止するなどの方向が示されていますが、いろいろ重要な判断をするときは必ず、ドイツ倫理委員会が設けられて、普通の人、哲学者や宗教家などが倫理的文化的価値観から見て妥当かどうかを判断するそうです。原発中止の最終判断は「次世代にこんなものは残せない。」だったそうです。ローマ教皇も同じことを言われました。倫理的に見れば絶対許されない原発。世界に例のない40年を超える老朽原発の再稼働はあり得ません。
明日は「原発再稼働やめろ」の、関電本社包囲網です。各地から関電本社に向けてデモ行進が行われていますがそれが合流します。
終わった時にはあたりが暗くなって、梨園がライトアップ。とてもきれいでした。
posted by みっちゃん at 20:42| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp