2020年02月13日

共産党県議団で視察 上勝町に行ってきました

県議団で四国に視察です。徳島県上勝町。葉っぱビジネスとゴミ0で有名になった町です。共産党の明田議員と懇談。高齢かが進み45品目の分別とステーションに運ぶことが大変な家庭も出てきていることを伺いました。
年末の選挙で1票差で当選されて6期目とのことです。
移住されての立候補で大変だったようです。
それでも村のあちこちに、共産党のポスターが張られて頑張っている様子がうかがえました。新聞配達の合間の時間で私たちのために来てくださいました。

その後彩り事業とゴミ0事業について説明を聞きました。一人の農協職員の熱意が今日の彩り事業を推進してきたこと。村の農産物を何とかウイ出したいと懸命に頑張ってきましたが、カンパでミカンが全滅。何をしようかと考えていた時に、町のすし屋で添えられていた紅葉していたモミジの葉っぱを感動して持ち帰った女性を見て、これなら村にたくさんあると、思い村の人に話しますが、だれも相手にされず、葉っぱが売れたらみんな億万長者だと馬鹿にされたそうです。それでもあきらめずに,花木農家に反して飾り門を出荷しだしたら人気が出て売れるようになったそうです。そのために職員さんは築地の市場や、料亭に通ってどんなものが好まれるかを研究。今でははっぱビジネスは153人にまで増えているそうです。多い人出1700万円も稼ぐ人まで出ています。平均で150万円ほど。お年寄りが喜んで生きがいを持って働いている姿は素敵です。
その後継者たちが移住していることもわかりました。ゴミ0ではリサイクルでお金が入るのが200万、お金を払って引き取るのが600万。全て焼却したら1600万。人件費抜きでゴミ処理コストは400万です。現在新たなリサイクルステーションが建設中でした。窓は家の解体などででた、窓枠がつかわれていました。原材料に細かく避ければかなりのリサイクルができることを学びました。

夜は香川県の共産党の候補者の白川さんと新しく県議になった秋田さんと交流会。いろいろなお話を聞かせていただき楽しく交流できました。
posted by みっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp