2020年03月30日

救急医療で助かりました

今日は大変な1日でした。夫が夜中に転倒して怪我背中をガラスで切って出血。
急いで119番しました。火事ですか救急ですか。救急です。どうされましたか。事情を話すと。わかりました。6分くらいで到着します。とのこと。時間を言ってくれてとても心強く安心しました。
受け入れ先を探すのに少し時間がかかりましたが、救急車内で救命救急士の方が止血などしてくれていて本人も意識はっきりなので慌てませんでしたが、意識がない場合など受け入れ先を探す時間はとても長く感じるでしょうね。県の西和医療センターで受けてくれることになり、救急車に乗ってください。と言われましたが後のことを考えて車で追いかけました。救急車は早いです。

西和医療センターの待ち合いにいると若いドクターが次々処置室に入るので不安でした無事出血も止まって経過観察入院。明日退院できます。ホッとしました。病院はコロナの事があって面会禁止。着替えや手続きで病室に行きましたが検温チェックされました。奈良県の救急医療を実体験。救急隊の皆さん、病院の皆さん、朝5時ごろ掃除の人が隅々細かく掃除をしてくれていました。たくさんの方々が支えてくれていることに感謝感謝です。
posted by みっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2020年03月24日

2つの裁判の判決でした 平城高校存続、奈良公園高級リゾートホテル

今日は奈良地裁で平城高校の裁判と奈良公園にホテル建設の裁判の判決でした。
コロナの関係で傍聴席はいつもの半分だけ、高校裁判は何とか傍聴できました。
平城高校がなくなることを知らずに入学した2人の生徒さんの損害賠償は一人11万円の支払い命令が出ました。高校廃止の取り消しは棄却。判決文を見ていないため詳しいことはわかりませんが、夢膨らませて入学したとたんの学校がなくなることを聞いた生徒さんの思い、裁判で、その思いを傍聴して涙が出てきましたがきっと裁判官にも伝わったのだと思います。
奈良公園高級リゾートホテル設置許可処分取り消し訴訟は、近隣住民が訴えることができるのかということも争点でしたがそれは認められ、都市公園における裁判で原告適格が認められたのは画期的だということです。あとは棄却。都市公園は誰もが自由に使えて災害時には避難場所にもなるところです。そのことは認めながら、もともと塀で囲まれ日が倒れてきたり土塀が崩れたりしていたから使われていないというのは県の管理ができていなかったところに問題があります。だから宿泊施設を作っても問題はないというのは論理に矛盾があります.

posted by みっちゃん at 21:08| Comment(0) | 日記

2020年03月23日

貧困ビジネスに気を付けましょう

救護施設を訪問してお話を伺いました。施設から出て自立しようとしても、生活保護基準で入れる民間住宅がなく大変ということです。私も随分探した経験があるためよくわかります。低家賃で入れる、保証人が不要の公的な住宅が求められています。住まいは人権です。

生活保護の担当者に住み込みで働き口を求めている人がいたら仕事がありますからとセールスに来た企業。ハローワークにも募集を出しているため確かなところと思ったら大間違い。
電話1本で迎えに来てくれましたが、朝早くから夜遅くまで働いて日当3000円、そこから寮費と食費2500円を抜かれて手取り500円。弱者を食い物にするビ貧困ジネスに気を付けましょう。







posted by みっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp