2020年04月23日

今何をするべきか

奈良県も緊急事態制限を受け、外出が減る中、各派代表者会議のため県に行ってきました。
奈良県議会に新型コロナの対策協議会を設置することになりました。当初は特別委員会の提案もありましたが、今大変忙しい中で、議会開催で手を取らせるのはよくないというのがどの会派も共通認識でした。
そのため情報を共有して、今の危機を乗り越えるために議会としても共に頑張っていこうということです。
28日が臨時議会になります。
私は不要不急の予算は凍結して、コロナ対策に優先的に回していく必要がある。政党助成金は317億円で大きく。10万円の給付金うて突受け取らに議論はあるが、国会議員だけでは7100万、すべての国地方議員合わせても33億円、これを廃止するべきではないかと意見を述べてきました。

変化はあちこちで、県庁の職員さんが半数になって交替勤務制になりました。町役場も同様です。
南都銀行も半分くらいの人数で、窓口業務は11時30分から12時30分まで閉鎖。ATMは従来通りです。公共交通が減る一方、どうしても出勤しなくてはならない人が車を使うため渋滞することはありませんが全く走っていないという状態でもありません。

きょう知事が記者会見で奈良県の公園の駐車場の閉鎖を発表。馬見丘陵公園も他府県ナンバーなどが多く地元からは心配する声が出ていましたが5月6日まで閉鎖されます。公園を歩くのは従来通りです。
パチンコ屋さんは今日から閉めています。
学校給食の食材など影響を受けるところについては4月以降も対応するとの通知が出されて、関係者に紹介。

広陵町役場を訪問して馬見公園駐車場が閉鎖になることをお伝えしました。教育委員会には給食の通知がまだ届いておらず情報提供。

現場の声を聴く⇒、その都度行政に届ける⇒ 少しでも改善されたら現場に返す⇒、喜ばれたら行政にお礼の声を届ける。 そんなことの繰り返しです。
コロナ禍が終息した時に、人々の暮らしや営業、風景が一変し、戦後の焼け野原のようにならないようにように今必要なところに思い切った支援が必要です。
一定の地域でキットを使った地域全体の検査が始まりましたが、今どんな状況化を正しくつかんでどう戦えばいいのかを見極めることが必要です。
posted by みっちゃん at 22:14| Comment(0) | 日記

2020年04月22日

政党助成金を各党は返納すべきではないでしょうか

 先日、奈良県のコロナ対策の知事の説明会の席上で、無所属の川口正志議員から「自分は無所属でもらっていないが、この際政党助成金をやめるように、知事から国に言うべきではないか。」という発言がありました。
 地元の北葛城郡上牧町では2002年に、広陵町では「政党助成金を廃止し、東日本大震災被災者救援に充てることを求める意見書」が2011年に可決しています。今年の政党助成金は317億円、国会議員が10万円を受け取らなかった場合7100万円です。全国のすべての議員が受け取らなかったら33億1580万円です。政党助成金はけた違いです。

コロナ対策の10万円の給付金を受け取らないことを競う風潮は、すべての人に感染対策で支給という点からすれば、だれが「もらった」「もらっていない」と国民の分断につながります。まずは受け取って使い方は各自で考えればいいこと。

高市総務大臣が示した申請様式は世帯主のもとに家族欄があり一人一人に「希望しない」の丸を付けるやり方は制度の趣旨から外れています。世帯主を中心にすべて家族が仲良く暮らし散ることを想定した家父長時代の制度ではなく、一人一人個人に届くようにするべきではないでしょうか。
posted by みっちゃん at 16:10| Comment(0) | 日記

2020年04月21日

奈良県も施設の使用制限を発表

感染者が71例になりました。1にTで8人も増えたのは過去最高ではないでしょうか。
コロナの疑いのある方が医療機関につながるまで、大変ということを知人の相談で実感しました。約1週間かかってようやく入院に。大阪が院内感染によって基幹病院が、病床を削減している状況。奈良県からもかなり大阪に医療でお世話になっています。大阪がいっぱいなら、奈良のような弱小県は、もともと感染病床が少なく大変です。きっと困っておられる方が大勢いらっしゃると思います。

今日夕方、奈良県もが非常事態宣言を受けて、お隣の大阪、京都、など近府県が施設使用制限が出たことで、他府県ナンバーの車が県内のパチンコ店などにたくさん来ており、奈良県も初めて施設の使用制限の要請を発表しました。

期間は4月25から5月6日まで 休止要請は
1、新型インフルエンザ特別措置法第24条9項に基づき基本的に休止を養成する施設
 遊興施設、劇場、運動、遊戯施設 集会、展示施設 幼、小、中。高 など
 床面積1000uを超える大学学習塾、博物館、ホテルまたは旅館 (集会の供する部分)商業施設
2、特措法によらない協力依頼を行う施設
 床面積の合計が100u以下の大学、学習塾、商業施設については適切な感染防止対策を施したうえで営業
3、基本的に休止を要請しない施設
 社会生活を維持するうえで必要な施設
 社会福祉施設 保育所、義堂クラブ、通所介護施設 など

 施設の使用制限の要請の協力金
休業を要しないとした、飲食店、料理店、喫茶店 についても午前5時から午後8時までの営業事案とした場合は対象   
給付額 個人事業主 1事業所につき10万円 中小企業1事業者につき20万円  です

学校の動画配信問題で、心配されていたところから、Wi-Fi 工事が混んでいてなかなかしてもらえないとのこと。また試験的に接続をやったところでは2回したがいずれもうまくつながらなかったとのこと。
ネット配信授業は、かなり問題があるようです。
  

posted by みっちゃん at 20:56| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp