2020年04月16日

奈良交通と奈良近鉄タクシーに聞き取り

昨夜発熱の相談があった方に、保健所の夜間相談も対応することをアドバイス。しかし朝まで我慢して電話をしたらガイダンス対応だったということでした。
その後地元の役場に相談、県の相談センター、保健所、医大、主治医の判断で自宅療養になったとのこと。PCR検査もしていないのにと心配していました。自分が具合が悪くなったらという心配と、人に感染させてはいけないという2つの心配の中で不安が広がっています。

共産党県議団と市議団で奈良交通となら近鉄タクシーに伺い現状を聞かせていただきました。どちらももよく聞きに来てくれたと歓迎されました。
公共交通という立場上、どんなに乗客が減っても走らせないといけない使命感がありますが、国の対策はなし。1か月で数億、1年続いたら持たない。貸付してもらっても返せない。中小企業の支援はあっても大企業はない。1700人の従業員、雇用調整交付金の手続きも膨大で奈良労働局で対応できるか心配。6店舗あるがどこも大変。県庁のバスターミナルの土産物屋は右肩上がりだったが、奈良のバスの運転手の報道以来客がばったり来なくなった。

タクシーも同じですが従業員の給与が歩合制のため収益が減ると給与も減る。奈良市が独自でタクシーの感染予防対策に支援することになってありがたいが、県内の事業所のほうも県で支援してもらえると助かる。
毎年30人採用して55人が辞めていく運転手の高齢化で、24時間営業ができなくなった。利用者も医療に行くのを控える、夜飲んだ後で使ってもらって猪野もなくなった。コロナでタクシーも2月は2割3月は3割4月は4割減っている。様々な支援をお願いしたい、
posted by みっちゃん at 21:13| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp