2020年05月20日

奈良県の高校への進学は昨年に比べて491人も減りました

今年から平城高校、登美ヶ丘高校の募集が停止になりました。
令和2年度は高校の募集の学級数が8クラスも減っています。過去の削減を見ても8クラス減るということはありませんでした。その影響か、奈良県の県立高校(全日制、定時制)への進学率は95,7%で前年96.3%に比べて491人も減っています、一方県立高校の募集人数は、昨年7938人からことしは7608人で330人も募集定員を減らしましたが、結果的には491人減っていますので、定員割れが相当起きていたと思います。県民ニーズに合致しない削減計画であったと思います。私学への流れを含めて検証が必要です。

上牧町の虹の湯の近く、滝川の遊歩道の工事について、水かさが増したら潜ってしまい無駄な工事ではないかという問い合わせをいただきました。
東議員が役場に確認してもらったところ、水辺を楽しむために川の水面まで下りていけるようなものを、町は地元のNPOの人とも合意して、県が受けた工事だとわかりました。土手には芝桜を植えて景観をよくするものです。
しかし当社のイメージと工事が少し違っていて、それはどうなのかと高田土木に問い合わせ。担当者が留守のため確認検討していただくことになりました。
滝川遊歩道イメージズ.jpg
滝川遊歩道.jpg


posted by みっちゃん at 20:02| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp