2020年06月26日

山村幸穂議員が一般質問 コロナで減収の医療機関の支援を

今日は一般質問最終日でした。
日本共産党の山村幸穂議員が一般質問を行いました。20年6月議会一般質問(山村) (3).jpg

コロナで不要不急の県の大型公共事業をストップしてコロナ対策に回せと質問しましたが、知事は地方が自立することが必要で2020奈良都づくりをさらに進めていきたいと全く意見が合いませんでいた。

医療については、新型コロナウイルスで収入が落ち込んだ医療機関を支援すべきと質問。県はこの間コロナ対策協議会で私も要望しましたが、県内の医療機関の実態調査を行っています。このことは大事なことと評価。
そのうえでコロナ患者を受け入れてきた重点医療機関と、協力医療機関を支援するとしていることに対し、そこだけで受け入れてきたわけではなく、診療所でも発熱患者さんを診るなどそれぞれ頑張ってきた、医療機関を分断するのではなく第2波に向けて、オール奈良で力を合わせて乗り切れるようにしっかり支援するべき。
4月5月の患者言による収入源は6月の診療報酬振り込みで来ることになり、6月7月危機を乗り越えなければ医療機関をつぶしてしまったら大変になる。北海道では医療従事者派遣関連経費が県で組まれていて、感染患者受け入れ医療機関による医療供給体制確保や地域の診療体制維持のため医療従事者等の派遣についてはこのお金を使って応援を出している、県もこのような対策を考えるべきと質問しました。
知事は実態をつかんで国にも要望を上げていきたい。医療関係者が努力してくれて奈良県ではクラスターも出なかったと答弁していました。
posted by みっちゃん at 21:25| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp