2020年07月08日

各地で大災害  王寺町教育長に申し入れ 清水ただし議員と民商会員さんとの懇談会

全国で大きな被害をもたらした大豪雨。柏原市役所の新庁舎の足場が崩れて大和路線の線路にかかり大和路線が朝からストップ。以前大雨で止まった時に、私鉄やバスによる振替運送に自分で交通費を払ったが、おかしいとの相談があり,JRに申し入れを行っていましたが、今日は無料で振替運送をしていただけたと朝から連絡をいただき、王寺駅から生駒線につながる通路が大渋滞であった写真が送られてきました。
image1.jpg

王寺の藤井地域では朝9時過ぎ大和川の氾濫注意水位が6mに対し5,95mとあと5センチ、王寺のところは氾濫注意水位4.50mに対して4,48mとあと2センチぞっとしました。大和川工事事務所のカメラが川の水面が写っていなかったので大和川工事事務所に連絡。ありがとうございますとのことで改善していただけそうです。いざというときに間に合わなければ意味がありません。

王寺町の幡野議員、小山議員と共に中の教育長に申し入れを行いました。
1、学校給食が、給食施設のクーラーがないためコロナと、食中毒の心配から王寺ではパンと牛乳と韓南ア副食という給食ですが、子どもたちからおなかがすくとの声が届けられています。
令和4年から義務教育学校ができる予定でそこには給食センターが準備。それまで既存施設にクーラーを入れるのは困難とのこと。しかし調理員さんんの健康も考えて部分クーラーや、ファン付き作業着など導入する予定。8月過ぎれば通常の給食にしていくとのことです。
子どもにとって楽しみである給食、子どもはどんどん大きくなるので早く対応してほしいと要望しました。
2 少人数学級については、、大規模になることは逆行する。北小学校を分校の扱いで同じ学校でも分散事業はできないのか については教室を余分に作っているので少人数学級の対応は可能とのこと。
県に対しては先生を増やせるようにと要望をいただきました。
これまで雪丸塾ということで寺子屋をしていましたが、コロナによる学力の遅れを補うために希望する子供には雪丸サポート教室を各学校で無料で実施していることがわかりました。
王寺申し入れ.jpg
清水ただし議員が北民商に業者の皆さんの実態やコロナ対策の声を聞きに来てくれました。
制度があっても基準が厳しくて使えない実態が語られました。

posted by みっちゃん at 19:53| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp