2020年07月11日

河合町で県政町政報告会 得票数と議会発言回数は関係なし

河合町の議会報告会が豆山の郷で開かれました。コロナがあって少し途切れていましたが、人数を少なくして実施。DSC_0278.jpg
私も県議会の報告をさせていただきました。馬場千恵子議員と坂本博道議員も町政報告。
会場の参加者からはたくさんの意見が出ました。
最初に、刑法を知らせる町内放送が聞き取りにくいという意見があり、それぞれの地域の状況を聞きましたが以前各子についていた時はよくわかったが、今は屋外の放送になったため、何か言っていることはわかってもいっていることがわからないという意見。7500世帯がありますがメール登録2000件、TEL,FAXが500から600世帯とまだまだです。テレビの災害情報を見ているという方が結構多かったようです。
20人学級、第3小学校の閉校後の利用は?、水害対策、町営住宅、ごみ処理、図書館の雑誌が亡くなったことなどなどたくさんの意見が出てよかったです。
参加者の方で、毎回議会傍聴をされている方は、議会広報の各議員の公約。それが議会質問になっているのか、発言回数などを得票数の多い人から並べ1位から9位までの9人の発言回数と、10位から13位までの
4人の発言回数が同じだとデーターを作ってくれました。さらに議会報告を出しているかどうかもチェックも。5人が議会報告を出していました。
共産党は10,11位でした。
住民がこのような視点で議会をチェックしてくれたらもっと変わっていくでしょうね。
これは貴重な研究です。
DSC_0280.jpg
posted by みっちゃん at 21:06| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp