2020年09月13日

平群町のソーラーパネルを視察

太田議員と現地を視察してきました。48ヘクタール甲子園球場の12倍の山林を切り開いて6万枚のパネルを設置する計画。災害の危険、龍田川から、大和川に水が流れます。今でも大雨が降ればあふれる大和川、遊水池計画を進めていますが、それなら危険な計画はストップさせるべきです。自然エネルギーへの転換は自然破壊で行うものではありません。

朝から地元で反対運動をやっている住民の方に案内していただき現地を見に行ってきました。珍しい草花の名前を教えていただいたり、自然や地元への思いがあふれています。
3月議会の代表質問で取り上げていましたが、写真を見せていただいただけで現地にはいっていませんでした。
住宅地から山に上がっていく道はかなり傷んでいて、住民は早くから改善を要望していましたが、ソーラーパネル問題が起きてから庁はこの道を改善にするといわれているようです。削る土だけでも110万ヘクタール、4トントラックで27万5000台分です。舗装しないと持ちこたえませんね。
奈良県には太陽光パネルの設置条例がないため、結局林地開発許可で判断になります。
太陽光パネルは火災が起きても消防が水をかけるとそれによって感電する恐れがあり放水はできないそうです。また2万2000ボルトの電気を送電して今ある関電の変電所まで3キロの距離を道路の占有許可を取って地中1メートルに埋める計画ですが、道路には水道や下水などが通っていて、水道工事をしようと思えば送電線にぶつかることになり極めて危険です。地元の生活道路として欠かせないもので、日本1といわれている小菊栽培もこの地域の畑を借りて作っているため、そんな恋が行われたら出荷できなくなるなど反対する声が広がっているそうです。
雨量も庁のはあーどマップで24時間195ミリを想定していますが大和川水系龍田川では氾濫シュミレーションを316ミリにしており。近年例を見ない雨量といわれる中で。低い設定のシュミレーションは災害につながると心配していました。下流には大きな団地が3か所もあり、山がめくられることで引き起こされる土砂災害など心配しています。
しかも業者はくるくる変わり、どこが責任を持つのかもはっきりしていません。住民が不安に思い怒るのも当然です。
詳しくはユーチューブ平群メガソーラをご覧ください。
https://www.bing.com/videos/search?view=detail&mid=037CE8D499C93E4F06C9037CE8D499C93E4F06C9&shtp=GetUrl&shid=aaaa09f7-d031-4ca2-a459-0c8cf691ba64&shtk=44G%2B44G744KN44Gw44Gu6YeM44O75aWI6Imv44Gr44Oh44Ks44K944O844Op44O844Gv5Ly85ZCI44KP44Gq44GE4oC8&shdk=5aWI6Imv55yM5bmz576k55S644Gv44CB5aSn6Ziq5bqc44Go44Gu55yM5aKD44Gr44GC44KK44CB5rOV6ZqG5a%2B644Gu44GC44KL5paR6bOp55S644Go5o6l44GX44Gm44GE44G%2B44GZ44CC44GT44GT44Gr55Sy5a2Q5ZyS55CD5aC044GuMTLjg7s15YCL5YiG44Gu5beo5aSn44Gq5aSq6Zm95YWJ55m66Zu777yI44Oh44Ks44K944O844Op44O877yJ44KS44Gk44GP44KL6KiI55S744GM5oyB44Gh5LiK44GM44KK44G%2B44GX44Gf44CC5LiW55WM5pyA5aSn44Gu5oqV6LOH5Lya56S%2B44CB57Gz44OW44Op44OD44Kv44O744Ot44OD44Kv44KE5ZCM5qeY44GuIC4uLg%3D%3D&shhk=SugI6SXAJzhTzvkfj162yYkZtshkAGdCW7vuUW9Ezx0%3D&form=VDSHOT&shth=OSH.71Aho2OqPaF0BwG%252BU4DoaA

posted by みっちゃん at 20:21| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp