2021年01月25日

奈良県議会日べと議員連盟でオンライン学習会

奈良県議会日べと議員連盟で、オンライン学習会。福島大学の坂本恵先生の「外国人労働者と共に作る奈良の未来」をテーマに県議会で初めてのオンライン学習会を開きました。奈良県では外国人労働者が約5563人、技能実習生が2441人(43,9%)国別ではベトナム 35.8% 中国24.9% ベトナムが一番多くなっています。受け入れている事業所は1102事業所。職種では製造業が42.2%、卸小売り9.2%、建設業8.9%宿泊サービス6.0%医療福祉が5,8%と様々な部門に広がっています。
課題はコミュニケ―ションや、思ったよりコストがかかるという問題が他府県の事例で出ています。技能実習の場合100万円程の借金5年で20万から30万の利息、それを返すために低賃金長時間労働、受け入れ先では間に入ったブローカーに月25000円から35000円収めるなどの実態があり、これを改善するには国の法律を改正する必要があることや、地域協議会で企業や労働者弁護士行政書士、日本語学校関係者など集まって協議していく場を設ける事。
などアドバイスもいただきました。奈良はまだ近隣の府県に比べると技能実習生は少なく今なら一人一人に目が届く。きちんとした受け入れ態勢をすることで選ばれる県になることが必要。また奈良県には介護従事者確保のための外国人留学生就学資金貸与制度があることを逆に教えていただきました。
たくさんの課題をいただいた講演会となりました。
E697A5E3.jpg

DSC_0266.jpg
posted by みっちゃん at 22:26| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp