2021年05月09日

今日は母の日

今日は母の日、家に帰ると2人の娘からプレゼントが届いていました。長女が4歳次女が2歳の時から選挙に出て次女が20才になるまでは2年に1度は立候補。当選は1回だけです。よくぞ大きくなったものだと。チャーチャンのお仕事 医療ケーチュワーカーとチェンキョ、

今日は前から入党のお誘いをしていた方が入党していただき、一緒に頑張りましょうとご挨拶に行ってきました。
明日は県のコロナ対策会議です。皆さんから意見を伺っています。
posted by みっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2021年05月07日

広陵町でガス漏れ事故

地元でガス漏れ事故が起きました。南郷地域には外出しないように、火を使わないように、連絡していますが、ほかの地域住民は知らさせておらず、もうじきこどもたちの下校時間。気を付けるよう呼び掛けてほしいと役場にお願いさせていただきました。
ここは以前広陵町の水道局があったところです。20人が事故にあった様子重症者も2人出ています。
このような災害が起きたときは、情報は正しく、早く伝えることが重要です。
すぐ隣が高田市の為、太田議員に連絡。
近隣に県の施設青垣園があり連絡を入れさせていただきました。

工事現場でガス噴出か、体調不良訴えた20人搬送・1人重症
読売新聞 2021/05/07 14:32

 7日午前11時40分頃、奈良県広陵町南郷の工事現場で、作業員から「掘削作業中にガスのような煙が噴出した」と119番があった。県広域消防組合によると、体調不良を訴えた約20人を搬送し、少なくとも1人が重症とみられるという。
posted by みっちゃん at 21:40| Comment(0) | 日記

2021年05月05日

今日は子どもの日 五位堂駅のお掃除をしました

今日は連休の為、水曜日の五位堂駅宣伝を中止して、駅前のお掃除をしました。たばこの吸い殻の多い事、ペットボトルに空き缶、マスク、雑草の草取りなど約1時間。ゴミ袋がいっぱいになりました。人が多いときは無理ですが、いい汗をかいてすっきりしました。ご苦労様ですと2人から声をかけていただきました。

子どもの日、孫に憲法前文をプレゼント。
憲法のためのまえがき
私たちはもう戦争をしません。日本の主人公は、私たちです。私たちみんなで日本の舵取り(かじとり)をします。日本の行き先を決めるのは、私たち自身であり、この憲法(けんぽう)を作りました。

ただ私たちが国のことを直接決めるのは難しいので、まず選挙をします。選挙はもちろん正しく行われます。その選挙で選ばれた代表が、国会で話し合って、日本のことを決めます。そうして、私たちのために、私たちの子どもや孫のために、しっかり考えて国の様々な決まりの大元である「憲法」を決めました。

私たちは、いろいろな国と仲良くします。協力し合います。みんなで自由に楽しく暮らすことを目指します。戦争はしません。戦争のためにひどいことが起きてしまうことがないように努力すると、固く心に誓い(ちかい)ます。

日本のことを決めて実行する人たちがいますが、この仕事は、私たちみんなから信頼され頼まれた仕事です。日本のことを決めたり実行したりする人が偉い(えらい)のではなくて、私たちみんなが国のことを決める権利(けんり)を持っているのです。その私たちの代表が、国の仕事を行います。そして私たちみんなの生活が、もっと良くなるようにします。

今まで書いたことは、憲法を決める前からある、人間みんなにとっての自然のルール、おきてです。このルールは、いつでもどこでも、ゆらぎません。憲法は、この自然のルールにもとづいて作られました。私たちは、この憲法に反するようなどんな決まりもルールも命令も、決して作りません。

日本の私たちは、平和がずっと続くことを心から願っています。みんなで理想をしっかり持つことは、とても大切です。どの国の人だって、平和が好きなはずです。正しいことをしようと思っているはずです。世界中の人が、本当は仲良くなりたいと願っていることを、私たちは信じます。私たちは、世界の人を信じることを通して、日本のみんなの安全と生活と命を守っていこうと、心に決めました。

私たちは、平和を守り続けます。だれかがいばって、だれかを支配することはだめです。だれかを抑え(おさえ)つけたり、自分だけの狭い(せまい)考え方にとらわれるのはだめです。世界のみんなも、そんなだめで悪いことをなくそうとがんばっています。そのがんばっている世界の人々から、日本も認めてもらえる国になりたいと思っています。


世界中の人たちが、恐怖にふるえることがないように、食べ物や家がなくて困ることがないように、平和で安全な生活が送れるようにしたいと思います。世界のみんなは、そんな生活をする権利を持っています。たしかに、持っています。

どの国も、自分の国こととだけを考えてはだめです。他の国のことを考えないなんてだめです。今まで書いてきたような国の基本的な決まりやルールは、本当はどの国でも同じはずです。どの国の人も、自分たちも立派(りっぱ)な一つの国だと言うなら、みんなでこの同じ思いを持つべきでしょう。

日本の私たちは、日本の名にかけて、全力をあげ、この理想を進めていくと、誓います。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜              
日本国憲法前文
日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたって自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであって、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであって、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従うことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立とうとする各国の責務であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う
posted by みっちゃん at 15:36| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp