2022年07月14日

水道基本料無料でURの住宅の水道料金はなぜ下がらないのか

物価対策として国が水道料金の基本料無償化を一定期間行うことになり、各自治体で具体化が進んでいます。昨年も同じことが行われたものの、URに住んでいる住民には「全く還元がない。」という話を聞いて、上牧の公団の地域に水を供給している河合町の水道課を訪ねてお話を伺ってきました。
上牧町の東充洋議員、河合町の馬場千恵子議員、坂本博道議員と一緒にお話を伺いました。
 基本料金は戸建て住宅及び事業所は1件ごと,URは個々の住民ではなくURとして基本料金を納めており、今回の無償化はURとの関係で無償化されることがわかりました。URと入居者との関係は使用量をURに収めています。一般には基本料金の体系は明らかにされていますが、URがどのような基準で住民から徴収しているのかは明らかになっていません。これはマンションや、アパートなどの集合住宅にも同様のやり方になっています。
posted by みっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2022年07月13日

早朝から参議院選挙結果報告

朝から暑い日でした。八尾春雄広陵町議と五位堂駅前で早朝宣伝。
選挙の報告。ご支援いただいたのにご期待にこたえられなかったこと。本気の野党共闘をした地域では、青森、長野、沖縄で勝利できたこと。自民の単独過半数、自公維新国民民主の改憲勢力が4分の3以上になり岸田総理は早期の改憲発議に向けた取り組み進めるといっていますが、国民は改憲を望んではいません。
景気雇用対策が、一番です。消費税を5%に引き下げてインボイス制度をやめさせましょう。と訴えました。
投票してくれた方が、アイコンタクトで挨拶。

奈良市を舞台に起きた参議院選挙投票日2日前の安倍元総理の銃撃、死去。容疑者は母親が旧統一教会に入って献金して、破産、一家離散で苦労したと語っています。
 昨日の会見では母親が今も会員であることを明らかにしました。10代から恨みを持っていたとのこと、奈良県にも様々な相談窓口が設置されてきましたが、どこにも結び付いていなかったことは残念です。
どんな理由でも暴力によるテロ行為は絶対に許されません。
現場検証が続き、供養の花束、西大寺の僧侶による供養などが行われています。
選挙結果は自民が改選過半数の63議席を獲得。圧勝.大勝と報じられています。しかしよく見ると自民は得票数も議席も減らしています。
昨年の総選挙 自民得票  1991万4883票
参議院選挙    ”    1825万6244票
差             ー165万8639票
全有権者の絶対得票率 今回 16.8%  昨年 18.9%
投票者の過半数があれば当選する小選挙区制度のマジックが今回得票数を減らして議席が増えたという矛盾を示しました。
民意が正しく反映されない小選挙区制度は廃止するべきです。
この政治を変えるには本格的な野党共闘しかありません。
posted by みっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記

2022年07月12日

参議院選投票率は救えたか、みんなで報告大会、BLOF理論

「参議院選投票率は救えたか、みんなで報告大会、」オンラインに参加しました。
豊中市では、駅前の看板に大きく投票の呼びかけをずっと設置。不在者投票所がたくさんの場所で用意された。
ラインを通じて投票の呼びかけはよかった。インスタやFBは予算がいらないもっと活用するべき。
千葉市では、投票場の運営を高校生にしてもらった。7月2日に研修をして高校1年から3年まで60名が参加
。国分市では投票率1位プリジェクト、駄菓子選挙、など本物のような投票用紙を使って選挙を身近に。高校に移動投票所を設置。
これから何をするか
比例がわかりにくい。代筆が必要な人が行政の人ではなく自分のヘルパーさんに書いてほしいという訴えは裁判で負けが続いている。
投票場に投票した記念にご当地がわかる写真などを背景に写真撮影コーナーや、初投票記念の撮影場所など設ける。駅の自動改札や、バスの料金入れのところコンビニなどに●月●日選挙日ですと
呼びかけるシールを貼る。
マスコミは事前に選挙特番などを行うべき。在来投票はネット投票を認めるべき、小選挙区制は廃止。選挙が始まると規制が厳しく選挙が見えにくくなっている。
あっという間に2時間が過ぎて大いに盛り上がりました。

午後からもオンラインで学習会
BLOF理論の基礎講座を受講しました。大林農園の大林和弘さんの講演です。
BLOF理論とは有機栽培を行って、収穫量が増え、味もよくなり甘みも増して、病虫害にも強くなり、経営的にもプラスになるといういいことづくめの農業。学校給食を考える会が行った学習会でした。農地面積の少ない奈良県で、生産性を向上させるにはぴったりのやり方ではないかと感じました。実際に生産している農家の方が自分の畑に長い棒を突き刺すと土なのにまるでウレタンのようにスーっと棒が入っていきます。土づくりの大切さ、土壌調査を行いながら不足している成分を補っていく科学的な対応は必要。土をふかふかにするセルロースは、枯れ草や、ワラ、もみ殻、落ち葉などに含まれます。いい肥料には甘い蜜が好きなちょうちょがやってくるとか。
ちょっと専門的でむつかしかったですがとても納得できました。
posted by みっちゃん at 00:00| Comment(0) | 日記
http://mituko-imai.jp