2017年07月23日

新婦人でデイキャンプ、御所の戦争をさせないためにどうすればいいのか集会

川上村の白川渡のオートキャンプ場に新婦人の親子リズムのお母さんと家族の皆さん総勢37人で行ってきました。
途中大淀の道の駅で食材を買い込み準備。
川上村は猛暑と言えども風があり涼しく緑に囲まれて気持ちのいい時間を過ごすことができました。
キャンプ場の中には人工の川もあって浅いため、子供たちは大喜びで川遊び。大人も目が届くので安心です。
夏休みに入って最初の日曜日、もっとたくさんの人が来ているかと思いましたが、3グループぐらいしかいませんでした。
若いお父さんたちが火おこしをするのですがなかなかうまくいきません、寺井さんのご主人が細かい墨で火種を作ってくれました。若い世代に伝えることはいろいろありますね。
おいしいお肉のバーベキュー。子どもたちは石に産み付けられた何かの卵を熱心に観察したり、シャボン玉などそれぞれに楽しんでいました。

2時から御所のアザレアホールで、御所9条の会や、平和委員会などの主催による「どうすれば戦争を防げるか」のテーマで学習会があり参加しました。講師は箕作勝則(関西勤労協)さん、宮尾耕二弁護士でした。
既存の概念にとらわれず、自分で考えてみること。会場からは意見や質問が出て、教師は忙しくて社会問題など関心が薄くなっている、子どもにも影響が出てくるのではないのか。
弁護士さんからは親切や思いやりと人権が今の道徳では切り離されていることが問題といわれていました。
posted by みっちゃん at 18:13| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp