2017年08月12日

広陵後援会夏祭り

広陵後援会の夏祭りでした。
暑い中でも親子でたくさん参加してくれました。
カキ氷、フランクフルト、えびせんべい、スーパーボールすくい、当て物、いろいろ工夫がされていて若い後援会員さんの発想をみんなで応援です。

私は戦争のお話をさせていただき絵本の読み聞かせをしました。
絵本セラピストの認定を受けて初めてでしたが、こちらの思うようにはいかずどこまで伝わったでしょうか。

絵本を探しに図書館に行って「昭和20年、8歳の日記」をみつけて衝撃を受けました。

いないいないばあ その場の雰囲気を作ります 命が初めて誕生してみんなが1度はやったことがある、やってもらったことがあるいないいないばあ。松谷みよこさんの傑作。お孫さんと来ていたおばあさんがとてもうれしそうに見てくれました。

せんそうしない 谷川俊太郎 子どもと子供は戦争しない、くにと、国とは戦争をする。

8歳の日記、は天皇のために命をなげだすことがお国のためと思い込まされた日記。8月6日は広島に原爆が落とされた日というのは今の8歳の子どもは知っていました。

わたしとあそんで 自分を大事にすることをつかえたかったのですがちょっと残念。きちんと設定して絵本セラピーとしてできたらいいですね。
いい機会を与えていただいてよかったです。

午後から生駒のせせらぎホールで、なら歌祭り実行委員会に参加。いつもコーラスの皆さんにしてもらうばかりで今回はMさんと一緒に行かせていただきました。
はなみずきのコーラスでは今度は選ばれて日本歌祭りに行こうというのが目標になっていてみんなで頑張っています。いつも参加するだけですが、主催者の苦労が判りよかったと思います。
posted by みっちゃん at 18:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp