2017年09月11日

全国初、地方の市民連合キックオフが奈良で行われました

各派代表者会議
万博の誘致の決議のことで、各会派が持ち帰りの結果を議論しました。
私は万博とIR、カジノが一緒になっている。370ヘクタールの夢州の中で万博会場が100ヘクタール,IR施設が70ヘクタール。一定時間で万博は終わるがカジノは残る。万博だけの世論調査では56%が賛成だがカジノとセットの万博では52%が反対、
また埋め立ての土地で南海トラフ地震が心配されているのに危険、費用もかなり掛かる、さらに地下鉄延伸もアリ共産党は反対であることを述べました。

他の会派は皆さんせい。維新欠席 でした。

県議団で元興寺文化財修復センターを視察。文化財の病院といわれていましたが専門家が技術者が30名全体で70名のスタッフが全国から持ち込まれる文化財の修復に科学的な調査を行い様々な方法を駆使して修復し展示できるようにと時間をかけてまもっていてくれました。
今の技術でできないものは無理をしないで後世の研究に任せるといわれていましたが、本物にこだわり続けている真髄のようなものに触れられて、奈良県のこの様な近くにあったことを大変誇らしく感じました。

橿原文化会館で開かれた奈良市民連合スタディ&キックオフ集会に参加。280名が参加、会場はいっぱいでした。中野晃一氏(上智大学国際教養学部教授)の講演、今求められる市民連合の役割と課題の話は大変ユーモアに富みなるほどと聞かせていただきました。
安倍内閣の狙いは国民の支持を得ようというものではなく、政治をあきらめさせて無関心にさせること。
自民党は従来の支持だけで勝ち抜いて憲法改正をやろうとしている。
市民がどれだけ団結できるか、政党の組み合わせではなく。前回参院選での32の選挙区で統一ができたことは脅威。その3年前は選挙区で2議席しか取れなかった。
今回は明確の対立軸で投票率を上げる。
何のための野党共闘かを伝える努力が足りなかった。
2015年9月19日戦争法が強行採決された。立憲主義を取り戻す。その一致で共闘の輪を広げることが大事。
posted by みっちゃん at 22:40| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp