2017年11月25日

北葛城郡母親大会 憲法9条は仏様の願い

久しぶりのコーラス。エコマミでのクリスマスコンサートのうたを練習しました。
今日は靴下祭りで大賑わいでした。

午後から河合町豆山の郷で北葛城郡母親大会が開かれました。
認知症予防のロコモ体操をしてから講演
仏教徒平和の願いをテーマに 河合町西穴闇 光徳寺 住職 藤満 智徳 住職のお話でした。
憲法9条は仏様の願い
とても分かりやすく大切なことを語ってくれました。
仏教の5戎の中に、殺してはならぬ、殺さしめてはならぬという言葉があります。 お釈迦様が弟子に後ろに漏っている小鳥は生きているか死んでいるかと謎をかけたそうです。お釈迦様の地位を狙いはじを書かせようというたくらみでした。お釈迦様は死んでいると答えられた。すると後ろの小鳥を逃がして小鳥は羽ばたいていきました。もし生きていると答えたら、後ろで握りつぶして殺してしまうことをお釈迦様は知っていたということです。殺さしめてはならぬというのはこのようにわかっているのに見て見ぬふりをしてはならないということだそうです。
四苦八苦(しくはっく)とは、仏教における苦の分類。どうにもならない根本的な苦を生・老・病・死の四苦とし愛別離苦(あいべつりく) - 愛する者と別離すること
怨憎会苦(おんぞうえく) - 怨み憎んでいる者に会うこと
求不得苦(ぐふとくく) - 求める物が得られないこと
五蘊盛苦(ごうんじょうく) - 五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならないこと
の四つの苦(思うようにならないこと)を合わせて八苦と呼ぶ。
人間は弱いものだといわれていました。戦争の反対は対話、差別の反対は尊敬、自分自身を尊敬できる人は他人を尊敬できる。みんなで共に生きていくことが武器も兵隊もいらない社会、兵が無用が実現できる。
とても興味深く、対話を行い野党同士が尊敬しあって力を合わせて憲法を守ろうという今の取り組みと共通するものを感じました。

さいごに核兵器廃絶を求める決議が奈良県議会で全会一致で可決したことを紹介して署名の呼びかけをさせていただきました。



posted by みっちゃん at 17:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

http://mituko-imai.jp